浦辺日佐夫ジャズダンススタジオ

無料ブログはココログ

« 和気あいあいと本番に向け稽古に熱! | トップページ | 「R・1  ☆ 喝采SHoW TiMe!」 終了・・・ »

2019年8月13日 (火)

舞台で舞う群舞の素晴らしさ!

舞台は生きものだ・・・・ダンスシーンで観客が感動を感じる一つに、多数の面々がダンステクニックをマスターし内容を理解の上一糸乱れることなく踊りきることで観客の一人一人に感動を与えることが・・・・・ベテランから新人まで、経験の差はもちろんあるが”群舞”で踊る場合はテクニックに”差”は一切あってはならないのです。そんな中、一番つらく神経を使うのが新人諸君です・・・・ベテランメンバーに混じり同じレベルに到達するには本当に大変です。我慢強さ、そして悔しさを飛び越す忍耐力、それら全てを克服したものに将来が見えてくるのです。そのようなダンサーを見つけるのは稽古場でのレッスンだけではなく、舞台本番に向け作品を振付するシーンで明確に見えてくるのです。これは新人メンバー全てに共通するのだ、又ベテランメンバー達は作品によりとても大切な個性の上達向上につながることは言うまでもありません。9月8日のフェスティバル本番ではメンバ一同のさらに一歩上達した”勇士”をご覧いただけるものと思っています。

Dream manのひとりごと

« 和気あいあいと本番に向け稽古に熱! | トップページ | 「R・1  ☆ 喝采SHoW TiMe!」 終了・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 和気あいあいと本番に向け稽古に熱! | トップページ | 「R・1  ☆ 喝采SHoW TiMe!」 終了・・・ »