浦辺日佐夫ジャズダンススタジオ

無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月29日 (土)

2018年・平成の終わり・・・・

平成も来年5月までとなった、その後はどのような年号になるのだろう・・? 時の流れは実にに早く、新しい名称が決まれば昭和、平成と三世代を・・・誠、驚くべき感覚の中、150歳に向かって突進する、まるでイノシシになったような思いだ・・・「笑い」  三世代を生きるということはマジ、ユーモアでは済まされない笑える冗談だ。それほどに平成は短いとはいえ、一つの年号が変るということは誰の心にも大きな出来事なのかもしれない・・・。 それにしても今年の日本は大変な災いの年と言っても過言ではないほどの異常気象による被害に苦しめられた・・・このようなことは新しい年号の中では是非ともなくなってほしと、心から願いたいものだ。しかし、気象予報では新年に向け強い寒波予想が報道されている・・・冬は寒いものと分かってはいるが、ポカポカ陽気が恋しいのは私だけではないと思う・・・春はまだまだ遙か先の先のようだ。

来年2019年は良い年でありますように・・・・・。

2018年12月 9日 (日)

特別公演・無事終了!

12月8日、日本ジャズダンス芸術協会35周年記念特別公演が新国立劇場中劇場に於いて成功の内、無事終了しました。出演者の皆さん本当に、本当にお疲れ様でした。良く頑張りました・・・・・! 舞台機構の複雑で危険の中、小さな事故もなく無事にカーテンコールを迎えることができたことは素晴らしく、ダンサーとして日本最高の舞台 { 国立劇場 } に於いて、気分良く踊り終えたことは各々が将来に素晴らしい思い出として末永く残ることでしょう・・・・・演目の構成には若干、こうすれば・・・ああすれば・・・もっと作品がよくなったのでは、と思う個所があったように私は思い感じましたが、100%を目指す中でも全てが、なかなかうまくはいかない事も事実です。しかし観客の意見としては三部構成の色か゛三部とも異なり見ていて楽しかった・・・との意見が多かったことは今回の公演の成功の一環として万々歳と共に、この公演に力を注いだ構成、並びに振付担当者のご苦労に敬意を表したいと思う。次回の公演では今回よりワンランクアップした演目が生まれることと確信しています。35周年記念公演に力を注いだ協会関係者の方々、並びにスタッフ、そして出演者の皆さん・・・・ご苦労様でした!

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »