浦辺日佐夫ジャズダンススタジオ

無料ブログはココログ

« 2018年4月 | トップページ

2018年5月

2018年5月27日 (日)

ジャズダンス芸術協会主催35周年記念・特別公演決定!

平成17年より、2年に一度を目標に開催してきた「特別公演」ですが、今公演は、この度当協会初の公演を開催して35年の節目を迎えるにあたり「35周年記念特別公演」として開催が決定いたしました。・・・・12月8日(土)昼・夜 二公演・新国立劇場・中劇場・・・ 様々なジャズダンスの表現方法で、ジャズダンスを代表する振付家と舞踊家たちが、その芸術性と可能性を表現しジャズダンスの幅広い表現方法を用いてジャズダンスの世界を切り開きます。

構成の方も三部構成とほぼ決定し、一部では「和」をテーマとした日本文化の精神性をジャズダンスで表現し、日本人の「心」をダンスを通じて熱く踊ります。 二部、三部ではストリートダンスやタップダンス等の他、ショーアップを加味した華やかさを生かした楽しさいっぱいのジャンルとのコラボレーション作品に挑戦します。

浦辺ダンスカンパニーは「和」をテーマにジャズダンス手法で・・・・演目は日本人の誰もがご存知のロマンあるファンタスティックな作品を目下考慮中ですが、まだ私の頭の中では内容決定までは至っておりません。作品をご覧になりほのぼのとした暖かな「心」を感じられるような作品を目指したいと思っています。

2018年5月 4日 (金)

第29回全国JDダンスコンクール

2018年5月3日、メルパルクホールに於いて日本ジャズダンス芸術協会主催全国ダンスコンクールが開催され私も決戦審査員として審査をする。ジュニア部門29団体、中高校生部門35団体、一般部門34団体と熱気あるメンバー達が繰り広げる会場は大いに盛り上がり大盛況の内に、終了した。・・・・・過去には、グランプリ賞・また最優秀作品賞を受賞した浦辺ジャズダンススタジオのメンバー達が第5回、第6回と、連続それらの賞を受賞、それら受賞したメンバー達は、現在もあらゆる舞台で活躍している。コンクールに参加することは全国数多くのダンススタジオの先生がレッスン生に振付をし、生徒たちは苦しい稽古を重ね審査する先生方の心を如何にして掴むか、良い作品として仕上げるか、に掛かっているのデス。熱心に稽古を重ね、いざ本番の舞台に立つ、しかし少しのミスでもそれが「減点」に・・・・それほどコンクールの舞台は大変な場所と言っても過言ではなのです。稽古場では失敗もなく稽古が出来ていたのに、いざ本番の舞台で想像もしない失敗が、泣くに泣けない瞬間です・・・・そんなくやしさにも負けずに来年も再挑戦しょう、と気持ちを切り替え頑張るメンバー達は、間違いなく将来は魅力ある優秀なダンサーに成長すると私は信じます。今年は駄目だったが、また来年再挑戦しょう・・・!この気持ちを持ち続け是非頑張ってほしいと思う気持ちは決して私一人ではないはずです・・・・・若人たち、頑張れ!

« 2018年4月 | トップページ