浦辺日佐夫ジャズダンススタジオ

無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月24日 (月)

振付・最終日・・・・

今日は振付最終日・・・気温は通常で気分よく振付が進行できそうだ・・・と思って稽古場に入るが・・・湿度が高く、気分悪し・・・メンバーの表情も今一つ精彩がないように感じる。毎年フェスティバルの振付は7月の中頃に行うのだが、何年ものあいだ、特に暑さは気にならなかったが、今年の暑さはには特に気分が滅入るょ・・・こんな状況は日本だけではなく世界のあちこちで異常気象、異常災害が発生している・・・・・地球は変だ、大丈夫か?  残りの振付を考えなくてはならない状況の中、今こんな事を思う自分も少々変だと思うが、とりあえず振付は無事終了。・・・振付が終わり、通し稽古を数回行ったが私の眼にはメンバーの元気のなさが少々気になった。何千キロも移動する渡り鳥をテーマに演ずる役だが、こんな状態では観客の皆さんには感動など到底無理だ・・・本番の舞台ではこんな姿はないと思うが・・・、これも暑さのせいか・・・? 

次週の稽古では元気ある「渡り鳥」たちの羽ばたきを期待したいものだ。

2017年7月20日 (木)

振付二日目・・・

振付初日は私一人がパッとしない状態だったが二日目は私の体調も快調で振付も順調に進めることが出来た・・・・作品全体の半分は進行できたかな? 鳥たちが目的地を目指し飛び立った瞬間、嵐に遭遇し避難するも、自分たちよりはるかに大きな鳥に行く手を阻まれ、悲惨な状態・・・小さな鳥たちが力を合わせ何千キロも・・・そんな小さな鳥を虐めなくても・・・そんなことを考えながら、つい小さな鳥たちを味方したくなる気持ちを抑えることができない自分が・・・作品を作る上で、どちらを作品のメインとするか?  これも振付をする私の楽しみの一つだ・・・・・どちらにしても作品の良し悪は観客の皆さんが判断することで、振付者としては先ず考えること、それはつまらない作品だけにはしたくないことだ・・・

振付は残り半分・・・・ 皆、力を結集し暑さに負けず頑張ってほしい!

2017年7月19日 (水)

”渡り鳥”振付開始・・・

振付一日目・・・(16日)

今日、7月19日待望の? 梅雨明けだ・・・4日前の気温35度、湿気80%のムシムシする熱い中、振付開始・・・頭の半分が真っ白状態の中での振付は大変つらい時間だった。しかし”渡り鳥”を演ずるメンバーたちは暑さに負けない元気いっぱいの顔、顔、顔・・・・振付を考える私の頭は真っ暗なトンネルの中でウロウロとさまょうが如く、目はうつろ状態、喉はカラカラ、だ・・・こんな時は無理して振付を進行しても自分の思う振付は過去の経験から期待出来ないのだ・・・まだイントロから3分も進んでいないょ・・・・・・

一日目の振付は残念だが・・・ヤメ!

2017年7月11日 (火)

”渡り鳥”の構成完成

いまさら言うのも変な話だが、渡り鳥の生きざまに魅せられ作品を作るにとを決め、構成を考えてはみたが、考えれば考えるほど難しさを実感している・・・振付日が迫っている中、ドラマティックな鳥たちの生きざまを如何にのびのびと表現し、その力強さを如何に見せることが出来るか・・・何千キロ先の目的地にたどり着く間にはあらゆる困難が待ち受けている・・・・・突然の暴風雨、恐ろしい雷の恐怖、そして自分たちよりはるか大きな凶暴な鳥から襲撃を・・・・逃げ回る鳥たち・・・・小さな翼いっぱいに風を受け目的地をまっしぐらに目指し力強く飛ぶ渡り鳥たちの運命は・・・・あらゆる困難を乗り越え目の前に待望の目的地が見えた時の喜びと感動・・・・・・・

振付は一週間後だ!

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »