浦辺日佐夫ジャズダンススタジオ

無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月 8日 (火)

CRAZY・LOVE ≪狂女≫ 大成功の内に終わる・・

9月6日芝メルパルクホールに於いてジャズダンスフェスティバルが華やかに開催、会場はダンスコンクールの一位入賞者、そして各スタジオが思い思いに異なる作品を披露・・・・・大きな盛り上がりのなかで幕が下りた。

当スタジオは無事大成功の内に全出演グループのラストを飾り終焉を迎えた・・・・・しっかりと稽古をし、本番では稽古の成果が100%出せたと私は自負している。ベテランから、若手メンバー一人ひとりに大変お疲れさまと伝え、全員は楽しく祝宴に・・・そこでは”狂女”が発する嬌声ではなく、一人一人の喜びの笑い声が夜遅くまで周囲に愉快に楽しく響いていた。

出演した全てのメンバーに伝えたい、皆のレベルアップは本物だ。お疲れ様でした!!

2015年9月 4日 (金)

2015/9/6フェスティバル本番

恒例のジャズダンスフェスティバル公演が9月6日開催される。

昨年は新国立劇場での出演でフェスティバル公演には参加出来なかったが、今年はメルパルクホールでの参加を決めた。

演目は”クレイジーラブ≪狂女≫”・・踊る全員が嬌声を発し、のたうつ姿は不気味さを感じ異様世界と言ってもよい演目になった・・・

この作品を考えたのは数十年前、東北にある「女子刑務所」に立ち寄った際に、私が感じた様子を創作したもので、嬌声を発したり、のたうちまわることを刑務所の受刑者の皆さんがしているわけでは決して無く、あくまで私の創作です。

ジャズダンス作品とは異なるが皆が熱く稽古をしている姿を見ていると”ビートのきいた乗りのあるフォービートの音楽”で気持ち良くジャズダンスを踊りたいのでは・・・・?

こんなことを少しは感じつつ稽古を見ているが、踊りで内容を観客に伝える事は全て同じです。気持ちを入れて踊らなければ”絵に描いた餅”になるぞ・・・・

一人ひとりがしっかり役に徹し、頑張って本番では大声で嬌声を発し、舞台狭しと踊り狂って欲しいものだ。

 Dream Manのひとりごと

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »