浦辺日佐夫ジャズダンススタジオ

無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月28日 (水)

インストラクターの休日旅行

当ダンススタジオのインストラクターK・J子の親孝行物語?・・・デス。

今年は今まで大変忙しかったk・J子に久しぶりの休みが・・・

J子言わく、父親を亡くし母一人がマンション暮らし・・・愉快な母だが

海の近くで温泉三昧を・・・久しぶりに 親孝行を・・・(J子の言い分・・)

それは良い考えだねぇ・・・お母さんも喜ぶでしょう(私の言い分)

パソコンであちこちと検索し、先生"伊豆"に決めました、と常日頃見た

事もないJ子の明るい笑顔・・・母と二人ゆっくり楽しんで来なさい・・・

大好きな”金目鯛”を食し、のんびりと温泉に、身も心もリフレッシュ・・・・

美味しい酒を飲み調子に乗ってフラダンスなど踊らなければ良いが?

こんな情景がふと私の頭をよぎるのだ・・・・(やめなさいょ)!

天候は良く、絶好の旅行日和、今頃は母と二人であちらこちら

と歩きまわり愉快に珍道中を楽しんでしていることだろう・・・

2014年5月24日 (土)

楽しみな新人ダンサーの発掘

毎年恒例のジャズ協主催のジャズダンスフェスティバルには新作を

発表しているが、今年9月のフェスティバル公演には参加せず、10月

に公演の新・国立劇場での特別公演に当スタジオは参加をします・・・・

特別公演のため、浦辺日佐夫ジャズダンススタジオの演目はどんな

作品を、音楽は、衣装は?全て「前景」の作品がはっきり決まらない

状態の中では、当スタジオの演目の決定がまだ出せない状態です・・・・

フェスティバルとは異なり、自由にスタジオが演目を決定するのではなく

特別公演では全体の流れを考える構成者が役割を担っており、出演す

る各スタジオ、オーナーとの会話を密にし、はっきりとした作品内容の

流れの決定が望まれるのだ・・・。

まだ少し考える余裕はあるが、早い時間に決定を望みたいものです・・。

毎年のジャズ協公演では作品を考える前に出演者の新人選択が私は

大変楽しみです、今年はどんな新人を選択しようか?

毎年2、3人の新人を作品に・・・・今年は特別公演でもあり5、6人は

参加させようか? まだまだ未熟な生徒でも一生懸命さが「本物」で

感動の涙を流しても、私は「嬉し涙」にする自信がある、その思いは

本人たちのこれからの自信につながるものと信じてやまない・・・

ベテランたちの中に混じって素敵な汗を流すのも将来につながるぞ!

新人諸君、頑張れ!!

2014年5月21日 (水)

ここ2・3日の出来ごと・・・・

一日遅れの結婚記念日に恒例の寿司を楽しみにしていたが何と

寿司屋は都合により店内改装のため休みにさせていただきます。

大変申し訳ございませんとの張り紙・・・駄目だとなればなんだか

凄く空腹状態に・・・馴染みの焼き肉店に急遽連絡し予約を入れる。

なんと「魚」から「肉」に急転換・・・美味かった・・ご馳走様でした。

話は変わるが、旅行から帰って”左ひざ”の調子が何か変だ・・・

仕事上、身体の調子は絶えず万全とは言えず、首、腰、足首などに

故障(職業病)が・・・しかし数日で元の体調に戻るが、今回の左ひざ

の痛みは多少長引く予感がする、下手なゴルフを・・・広い芝を右へ

左と走りまわりグッタリだ(ボールが真っ直ぐに飛ばない証拠)、足腰

に余計な負担をかけ過ぎたのが原因だとわかっているのだが・・・

昨年より良い成績を・・・この思いあがった気持ちがひざに負担を?

「己の技量を知れ」 先輩たちの厳しい言い伝えだ・・・・ 反省!!

忙しくなる前に、一日も早く膝の完治を目指さなくては・・・

                        Dream Man の一人言より

2014年5月19日 (月)

48年目の記念日

宝塚の殿堂入りの発表など「内重のぼる」周辺は何かと忙しい・・・

殿堂入りが一つのきっかけとなって、お祝い電話が一気に・・・

多少オーバーだが朝から晩までひっきりなしのベルだ・・・

改めて”内重のぼる”のファンの多さに驚いたり、感心したり・・・

ファンの皆さんは、これをきっかけにお祝い電話で内重の生の声を

聞きたいのだそうだ。

大変ありがたい話だねぇ・・・現役でもない相棒にこれ程暖かな気持ち

をいまだに持ち続けてくれているとは、私には到底想像外のこと、只

只、驚きの連続と言っても過言ではないょ・・・

 話は変わるが、今日は一日遅れの結婚記念日、今夜は例年と同じ

寿司屋で48回目の記念日を祝おうと思っている・・・

相棒の体調の方がやゃ心配だが、美味しい寿司で気分転換だ。

好みのにぎり寿司をどれだけ二人で食べれるか・・・楽しみだ!

2014年5月16日 (金)

リフレッシュ・伊豆旅行が・・・

13日、静岡県伊東の会員制ホテル”エクシブ・伊豆”を起点として

リフレッシュの旅を計画した・・・

一日目は天気も良く様子は初夏だ・・・昨年はゴルフのゴの字も知らない

のに、ゴルフ場の聖地、川奈ゴルフ場にてプレーを・・・自分でも信じられ

ないプレーの出来にひょっとして天才!?そんな気分を味わった一年だ

った。今年は昨年以上の成績をと意気揚々とプレーを・・・・ところが・・・

頭から冷や水をかけられた気分を味わったょ・・・気温25度、湿度80%

の暑さに自分自身の腰、左足首の痛さも加わり最悪状態、成績を発表

出来る段階では無くメロメロだ、二度とゴルフなどしないと決断?

一緒にプレーをした息子はニヤニヤと笑っていたが・・・

ホテルに帰り素晴らしい温泉に、悔しい気分も少しは和らいだが・・・

リフレッシュを考え伊豆まで来たのに・・・何たることだ・・・ガタガタだ・・・

翌日、気分一新、防波堤で釣りを楽しむが・・・見事カラ振り (ガクッ)

小指ほどの小魚2匹の収穫・・・こんな状態を収穫と言うのだろうか・・・

おまけに雨が降り出し最悪だ、踏んだり蹴ったり、とはこんな状態を

言うのだろうな・・・最悪だった!!

・・・ブログに記する話など皆無・・もうやめた゛!

こんな時には運転に注意をしなくては、そんな事を考えながら帰りに

ドライブウェイでラーメンを・・・・・だが豚骨ラーメンのまずさには腹が

立ったよ・・・塩が効きすぎて返品する。スイマセンとボーイが代わりに

ラーメンを持ってきてくれたが、面が固くて食べれたもんじゃなかった。

別に歯が悪いわけではないのに、ここまでツイテないんじゃ最悪だ!

家に帰って今日は早く寝よう!そんな思いを胸に帰路につく・・・・。

運に見放された2日間の寂しい旅だった。  (シューン・・・)  

息子夫婦の暖かさだけが只、リフレッシュ出来た思い出として残った。

2014年5月10日 (土)

”結婚記念日”と”母の日”

私には決まった行事が毎年5月には二つある。

”母の日”と”結婚記念日”だ。

今さら年甲斐もなくロマンチックに浸って・・・ もう70歳過ぎでは・・・?

確かに70歳過ぎだが、それがどうした・・・? 大きなお世話だ (笑)

相棒とは他にも色々と決め事はあるが”母の日”と、”結婚記念日”の

行事は毎年決めているのだ、そしてプレゼントはもちろんだ・・・・。

プレゼントと言っても豪華な品では無く、気持ちがあれば一輪の

カーネーションでも立派に相手の心に伝わるのだ!

結婚記念日には毎年決まって寿司屋に行く、回転寿司ではないょ、(笑)

母の日のプレゼントには鉢植えの”幸福の樹”など部屋のあちこちに

飾ってある・・・ウン?10年前の鉢植えの樹が大きく成長し、堂々と部屋

の一角に・・・もちろん水は欠かさずに与えているが、ウン?10年の歴史

の証が手の届く近くにあるということは実に素晴らしいね・・・・

結婚記念日はまだ少し先だが、明日11日(日)は母の日だ・・・

今年は何をプレゼントしょうかな?

考える時間も幸せの時間帯だ・・・・ 

やはり長持ちする”幸福の樹”にするか?・・・・ 考慮中。

話は変わるが、相棒(内重のぼる)の宝塚殿堂入りの発表後、

あちこちから、お祝い電話でこの数日なかなか忙しいようだ・・・

それにしてもファンの方々の熱い思いに正直驚いている私です。

2014年5月 4日 (日)

ダンスコンクール終了に思う・・・

5月3日メルパルクホールにて開催されたJDAダンスコンクールが

盛況の内に終了した・・・決選審査を依頼され、今年はどんな作品を

見る事が出来るか、大変楽しみの中で予選を勝ち抜いた作品を見せ

てもらった・・・・結果は? 残念ながら今年の出品作品にこれは素晴ら

しいと思う作品が見られなかった。その年その年で、出品作品も変化が

ある。これもコンクールの特徴だが、今年の作品は私が見る限り作品に

落ち着きが感じられずコンクールの持ちタイムの3分間を観客に納得い

く感動を与える作品がなく、只只やたらに廻り結果ふらつき、無駄と

思われるジャンプ、又ダンスの中身とマッチしない顔の表情など、無理

に足をあげバランスを壊すなど、大切な箇所がダンスに発揮されずに

私には落ち着きが無いダンスとして”点数が加算されない”のだ・・・・

踊りを指導する先生にも責任の一環はないとは言えないが・・・。

今年新設された東京都知事賞、そしてコンクール最高のグランプリ賞、

それに値する作品が今年は無かったため、平凡なコンクールだった。

来年は是非今年以上の素晴らしい作品を期待したいものです。

都知事賞、そして”グランプリ賞”は生涯素晴らしい宝、そして素晴らしい

思い出となる賞です。

皆さん、頑張って挑戦してください!

JDA

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »