浦辺日佐夫ジャズダンススタジオ

無料ブログはココログ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

雪で苦労した二月・・・

今日で2月も終わり・・今月は良い月ではなかったなぁ・・・

良い月では無かった最大の原因は「雪」「雪」「雪」だ・・・!

久しぶりに東京に降る雪は幻想的で、若いころ北陸の雪国で育った

私としては懐かしく大変に雰囲気が良かった・・・しかし、しかしだ・・・

降るわ降るわ・・5センチ、10センチ、20センチと見る見る積った!

愛車チョコベーは雪見大福ごとく雪に埋まっている・・・

田舎育ちの若い頃は何とも感じなかった積雪も、東京では珍しく

これはヤバイぞ!の気持ちになってきた・・・

何故なら・・・道路から家の地下にある稽古場までの間が雪で通る

事が出来そうもないのだ・・・大変だ!

それからが私にとっては地獄の世界だ・・・スコップで雪かきするも

一向に雪の下の土が見えない、何とか通り道を確保しなければ今日

はレッスン日でレッスン生が来るのだ・・・無我夢中で努力するも、一向

に道が出来ない、とうとう「腰」に来た・・・もう駄目だ!

その時、インストラクターが登場、先生!今日は交通の状態も悪く

このまま降り続くと大変なので、レッスンは中止にしたほうが・・・

良かった!これで休める・・・

結局、2週目、3週目の土曜日は雪のためレッスンは休み・・・

大変な2月だった。

明日から3月、もう雪は腹一杯だ、桜が恋しいよ・・・

なんとも、ドタバタした2月の出来事でした・・・。

追伸・・・腰痛は完治しました!  ヤレヤレ・・・    

2014年2月24日 (月)

SOCHI 2014五輪終わる 

ソチ五輪が17日間にわたる数々の感動シーンを残し終了した・・・

時間的にも午前0時から4時頃までと大変きつい時間帯でのTV観戦は

辛く寝不足状態が続きコンディションもガタガタ、しかし実に面白かった。

日本のメダル数は金1、銀4、銅3を獲得、入賞者は28人。自国開催の

長野以外では、過去最多のメダル&入賞にチームジャパンが一丸と

なった結果とある新聞では評価していた・・・

今回初めて五輪をおちついて観戦できたが、メダルも大事だが私には

戦う一人ひとりの人間性が見え隠れし感激したり、感動したり・・・

長く辛い訓練をし、メダルを取るアスリート達、しかし長く苦しい練習も

瞬間の失敗で全てが終わり、何のために苦しい練習をしてきたのか?

様々な思いを一人一人がその瞬間を表現・・気の毒やら、面白いやら。

いろんな感動を見せてくれた五輪も全て終わった・・・すこし寂しい・・・

お疲れ様でした!

2014年2月22日 (土)

出た!集大成の舞い

女子FSが始まる!

メダルは取れなかったが満足のいく最高のスケートを最後に見せて

くれた浅田選手に心から拍手を!!

   日本女子選手の最終成績・・・・

浅田選手・・・198、22

鈴木選手・・・186、32

村上選手・・・170、98

        一位・ソトニコフ(ロシア) 224、59

          二位・キムヨナ (韓国) 219、11

         三位・コストナー(イタリア) 216、73 

圧巻は何と言っても浅田選手がエイト トリプルを最後まで失敗なく

やり遂げた「集大成の舞」だった・・・・SPの演技を見た私にはFSの

演技は誰だ!別人か? 想像もつかない涙あふれる感動の演技

だった・・・日本中の浅田ファンはこれが浅田本来の姿とばかりに

涙した事と思う・・・男子の高橋選手も目を赤くして応援していた姿は

心をうたれた。

どん底状態から最高演技を、メダルこそ取れなかったがメダル以上の

感動を間違いなく多くの人々に与えたね・・・・・

本当にお疲れ様でした。

感動感激の一日だった!

2014年2月21日 (金)

日本女子メダル一号!

スノーボードで日本女子メダル一号が馴染みの薄い、スノーボード

で堂々の銀メダルだ・・・この様な競技があったのか?と驚いたが

実に見ていて楽しい競技、そして大変スリルがある競技だ・・・

しかし、日本人には正直向かない種目だと・・そんな思いで見ていたが

とんでもなかったょ・・・実にダイナミックでありカッコ良かった!

竹内選手、おめでとう!・・・・・・だが・そんな喜びも一瞬だった・・・

フィギュアスケートのSPで期待していた浅田選手が夢にも出てこな

かった16位・・・・ なんだこの点数は・・・残念!

「フリー」では自分を思い切り出して悔いのない演技を期待したい・・

それにしても、キム・ヨナ選手の演技は本番に強く、感心した。

2014年2月19日 (水)

跳べ・女子フィギュアスケート (SP)

華やかにメダル候補たちが出揃うなか、女子シングルが始まる!

女子フィギュアスケート競技は楽しみの一つだが、安心して観戦出来

ないのが五輪なのだ・・・絶対のメダル候補と信じていた女子ジャンプ

も結果メダルが取れず、期待を裏切られているからだ・・・

浅田選手を筆頭に鈴木、村上選手らが虎視眈々とメダルを目指して

いるが、強敵は韓国のキムヨナ選手、15歳のロシアのリプニツカヤ

選手、怖いもの知らずの伸び盛りが鋭い目で金メダルを・・・

一杯飲みながらの応援も美味しい酒になるか? ガッカリの悪酔い

になるか? どうせなら最高の美味しい酒になってほしいものです。

 浅田選手には銀メダルに終わったバンクーバー五輪から滑りを

見直し集大成の舞台に立ち、是非「金メダル」と願っているのだが

・・・・どうだろうか?

★浅田選手にはバンクーバーの悔しさを晴らして欲しい!

★鈴木選手には自分らしく明るく輝いて欲しい!

★村上選手には持ち前の笑顔を忘れずに頑張れ!

   今夜はまた寝不足だ・・・・。

2014年2月17日 (月)

ソチ五輪・41歳の春!

7大会連続出場ジャンプの葛西選手が真のレジェンド・・・「伝説」に

なった。一回目139mで2位、二回目も133・5mで2回合計277・4点を

マークし、冬季五輪の日本選手最年長の銀メダルを手にした!

努力の花が咲いたね・・・素晴らしい! 41歳まで身体をキープする

努力は並大抵ではなく心底、尊敬するなぁ・・・・

次は18日未明の団体戦だ(葛西・伊東・清水・竹内)の日本代表4名で

是非待望の「金メダル」を! 眠い目をこすりながら応援しようと思う。

頑張れ、日の丸飛行隊!!

2014年2月15日 (土)

五輪・待望の金メダル!

日本男子史上初の快挙達成!

男子フィギュアスケート「男子フリー」で羽生選手が待望の金メダルを!

銀メダルはカナダのP・チャン選手。

町田選手は5位入賞! 高橋選手が6位入賞・・・。

特に今回で引退する高橋選手は体調が万全では無い中、最後まで

観客の熱い声援を背に、長年男子フィギュアスケート界を引っ張って

来た努力に声援を送りたい・・・本当にご苦労様でした。

引退と言えば、ロシアのプルシェンコ選手(31歳)も男子SPの直前で

演技をやめ無念の表情で両手を観客席に振った。一つの時代がその

母国で終わりを告げた・・・

02年ソルトレイクシティで銀、06年トリノ大会で金、10年バンクーバー

大会銀、そして4度目の五輪・・・力強い4回転ジャンプで名を残した

「ロシアの皇帝」は勇姿を見せることなく、リンクを離れた・・・・。

  「腰にナイフが刺さったようだった」「神様が言っているように思う。

プルシェンコ、もう十分だ。もうスケートは十分だよ」って。

淡々と話す姿が悲痛だった・・・。

ミシン・コーチの談が心に残った・・・「これは悲劇では無い。彼が歩ん

だ20年以上の功績は素晴らしい」と たたえた。今後はショーなどで

滑りを披露する。「健康になりたいよ」そんな当たり前の希望を口に

して、皇帝がその座を降りた。

天才アスリートの終焉を目の前で見た感じは何とも複雑だった。

2014年2月12日 (水)

五輪・日本メダル一号

五輪情報・アラカルト・・・・

メダル間違いなしと思っていた、女子ジャンプ、モーグル、男子500の

スケートなど、全て期待はずれ・・・ガッカリ、五輪は難しいね・・・

パンパカパーン!! 待望のメダル一号の誕生だ!

スノーボート・男子ハーフパイプの競技で日本初のメダルを手にした。

銀メダルが15歳の少年、もう一人は銅メダルの18歳の少年だ・・・・

双方とも20歳前の若者・・・見ていても大変スリルがあり若者向き?の

競技には間違いなく、一歩間違えば大怪我の要素がいっぱいで、一枚

の「板」と大の仲良しでなければ・・・・・両足に履くスキー板とは異なり、

蒲鉾状の板一枚なのだ。

アクロバティックなバランス感覚が全て演技に・・・ハラハラの感動だ。

私には馴染みが薄い競技で、詳しい内容は良くわからないが、アクロ

バットと言うかサーカスを見ているようで、気分だけはスカッとしたよ!

男女フィギュアスケートに期待したいが、初日の団体戦を見て、メダルは

安心して取れるとは・・・? 思えなくなったよ。

五輪に自分たちのコンディションを最高に持ってくるアスリートたちには

誰もがメダルを取る要素は持っており・・・「絶対」はないのだ、と思った。

これからは、五輪の見方をメダル、メダルばかりでなく楽しく応援して

行こうと思う・・・頑張れ日本!

2014年2月 8日 (土)

関東地方・記録的大雪

20年振りと言われる記録的大雪が東京を襲う・・・・

8日未明から関東地方に大雪情報・・・TVが何度も何度も伝える。

久しぶりに雪の顔が見れる、と楽しみだったが、夕方には約30センチも

積るとんでもない大雪だ、風も強く吹雪と化し、雪の舞いも半端じゃなく

まるで乱気流の中に迷い込んだ状態だ・・・・愛車チョコベーはすっぽり

と雪に包まれ、まるで白い皮に包まれた”雪見大福”のようだ、芯のチョ

コレート色が瞬間見えるまで熱湯をかけるが1分もしない内に、再度

”雪見大福”状態だ。それだけ降る雪が多く、雪かきなど全く無意味な

状態だった・・・ヤレヤレ、がっくりだ・・・腰が痛い!

高等クラスのレッスンは交通状態もあり今日は休みにしたが、明日の

レッスンは10時開始・・・天候は晴れとのことだが、雪かきの重労働が

待っている? 足腰を充分に注意しながら頑張るしかないね・・・・

                          驚きの雪の1日だった!

2014年2月 7日 (金)

2014・ソチ五輪開会式

日本時間、8日午前1時から待望のソチ五輪の開会式だ・・・

行進はロシア語で日本は「ヤポ二ヤ」で「ヤ」を表すキリル文字は

アルファベットの最後の文字・・・日本の行進順は最後に行進する

ロシアの1つ前になるらしいが、いよいよアスリートたちによる熱い

戦いの幕開けだ!

スケート団体の男子個人の戦いも日本、羽生選手の戦いぶりには

感動したねぇ・・・ロシアのプルシェンコの91・39、カナダのパトリック・

チャンの89・71、この点数からして1位、2位は決まったな、と思ったが

最後に滑った羽生選手の演技は、何と97・98! 最高!驚いたょ。

夜中3時を廻っていた・・・明日は仕事だ、早く休まなければ・・・

団体戦なので最終結果はまだ先だが、出だしは最高だったねぇ。

その他、モーグルの上村選手も上位に入り、決勝が楽しみだ・・・

この様な熱戦をこれからも数多く見れると思うと興奮するねぇ。

睡眠不足には充分気をつけよう・・・・・。

2014年2月 6日 (木)

ソチ五輪・開幕まであと1日・・・

五輪関連ニュース・・・3

金メダル確実の作戦を選び、フィギュアスケートの浅田真央が成田空港

からソチに向けて出発した。五輪もいよいよ本番態勢に突入だ・・・

フィギュアスケート団体戦は男子ショートプログラム(SP)で今日6日幕を

開ける。団体戦の出場は10カ国。男女シングル、ペア、アイスダンス、の

合計ポイントで順位を競う・・私にはあまり、なじみはないが面白そうだ!

点数により上位5カ国がフリーに進みSP+フリーの合計点でメダルが

決まるという・・・ライバル国の筆頭はカナダ。そして米国、ロシアの順、

日本は4番手グループと言われているが、決選では何が起こるか・・?

又、女子モーグル、上村愛子の予選も始まる、五輪出場は5回目とか

驚きだ、過去最高の体調で大舞台に臨み今回こそと、メダルを狙う・・・

普段の練習通りの事が出来ればメダルは目の前だと思うのだが・・・。

2014年2月 5日 (水)

ソチ五輪・開幕まであと2日

SOCHI五輪関連ニュース・・・2

ソチ五輪開催も2日後に迫り、各国から続々選手たちが現地入り、

空港も大変な混雑で本番近しの雰囲気が・・・楽しみだ!

私が応援したい選手がいる・・・ノルデイックスキー・ジャンプの

高梨沙羅選手、日本中の誰もが知っているジャンプの女王だ。

現地時間、午前1時の到着にもかかわらず、約100人の報道陣で

ごった返す空港で、高梨は多くの報道陣のフラッシュを浴びていた。

あどけない顔でW杯ではスキー競技の日本人最多タイとなる通算

19勝の大記録を打ち立て、今季13戦10勝と個人総合首位だ!

五輪ロードを走り続ける女王にとって、道なき道を切り開き、

大舞台に立つ・・・直前にはW杯、世界ジュニア選手権を転戦し、

9日間で6戦をこなし、4日未明ソチ空港へ・・・・

17歳の若さだが、連戦連戦の疲れが出なければ、と思っている。

オリンピックの晴れの大舞台で見事金メダルを・・・日本中の誰もが

望んでいるのだ・・・是非素晴らしい夢舞台で感動のメダルを!

     ”最高のジャンプが全てへの恩返しだと信じ、

       ソチの空を飛ぶ!” ・・・・高梨沙羅

2014年2月 2日 (日)

ソチ五輪まであと5日・・・

のんびりと過ごした正月気分もあっという間に過ぎ、はや二月・・・

毎年思う事だが二月になるのが実に早く感じるのは気のせいか?

二月と言えば今年は楽しみだ・・・冬の五輪開催があと5日に迫り

日本選手のメダルの期待も大きく、TV観戦が楽しみだ。

男女スケート、男女ジャンプの活躍など楽しみが山積だ・・・

しかし、ソチの治安が大変不安とのこと、大丈夫か?

毎年二月は舞台の仕事も少なくのんびり暇を楽しんでいるのだが

今年はその暇を充分ソチ五輪に向けたいと思っている・・・

日本選手団頑張れ!

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »