浦辺日佐夫ジャズダンススタジオ

無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月27日 (土)

初の全員そろい踏み

7月27日土曜日・・・・・フェスティバルに向け稽古を続けてきたが、今日

初めて出演者が全員が揃った・・・!  相撲で言う、幕内そろい踏みだ。

今回の振付日には出演者のスケジュールが合わず、振付日には必ず

2、3人が欠席・・・・・・そのたびに別の日に振り覚えの時間を取らなけれ

ばならず、本当に苦労が重複し、この様なことは初めての事だ・・・・・

皆、仕事を持っているので仕事をキャンセルして振付に出席せよとは

社長でもないのに、言える訳ないしなぁ・・・(笑い)

皆、ダンスが大好きメンバーなので、仕事疲れも屁の河童、頑張りと

懸命なその努力には、大きな拍手を送りたい気持ちである。

全員が一致団結し一つの演目を全うし、観客に暖かな拍手を受ける

その時の感動は、今後とも決して忘れることはないだろう・・・・・・

出演者紹介です!

甘さ、辛さ、恋の全てを経験済みの? 6名のベテラン女性メンバー!

個性派ギラギラの男性3名の侍たち!

中堅メンバー6名の女性に加え、カンパニー初参加の新鮮な6名の

女性たち・・・総勢21名が「陽はまた昇るー明日へー」を踊ります。

12分作品です・・・是非ご覧頂ければ幸いです。

厳しい暑さもやや収まり、スタジオでは皆、ホッとしています・・・・・。

2013年7月25日 (木)

夏休みは伊豆がいいぞ!

フェスティバルの作品も無事作り終わり後はメンバー各々の稽古だけ。

反対に私は暇を持て余している状態だ・・・・・・富士山行きはちょっと

オーバーだが伊豆は何度行っても決して飽きないし、ドライブには丁度

良い距離だ・・・・出かけてみようかな?

海や山、さらにはゴルフ場や各種アミーズメント施設へ・・・・車で気軽に

行ける場所が、私好みだ・・・先月も二日間だったが「大室山」や「川奈

ゴルフ場」で下手すぎる?ゴルフを楽しんできた・・・

花火や温泉と、一日24時間では足りないほど、レジャー&観光スポット

が盛りだくさん。今年も夏の風物詩となっている熱海の海上花火は7月、

8月と数回、盛大に開催され、中でも「大空中ナイアガラ」は必見だ・・・

迫力ある大音量と明るさを伴った花火が海上から一斉に打ち上げられ

感動感激したのを鮮明に記憶している・・・

旅の醍醐味ともいえる食べ物も、伊豆は新鮮な海の幸の宝庫だ。

特に私は「金目鯛の煮つけ」が大好物だ!  ウヒャ ウヒャ・・・

他にもカピバラやサボテンといった日常生活ではなじみの薄い動植物

とふれ合うなど、夏休みならではの体験ができるぞ・・・・・

何度行っても新しい発見と出会える伊豆は、大好きな避暑地だ!

2013年7月19日 (金)

頑張る新人達に拍手!

恒例のジャズダンスフェスティバルが9月8日(日)メルパルクホールに

於いて「協会設立30周年記念」の一環として華々しく開催される。

出演グループは18団体・・PM 3:00からの一回公演、コンクールの入賞

グループ参加も含め、意欲的な作品が公開されることでしょう。

「浦辺ジャズダンススタジオ」からは通常の9分作品から今回は初めて

12分作品の演目です・・・タイトルは  ”陽はまた昇る” ~明日へ~

災害に遭遇した人々が悲しみを乗り越え再び人間らしさを取り戻す

各々の「魂」をテーマとした、ダンスドラマ作品です。

この作品には初めてカンパニーとして、新人数名を参加させました。

小劇場の出演はあっても大きなメルパルクホールでの出演は初めて

の新人達、出入りも多く、手足を上げ下げして間違わずに踊ればOK

とはいかないのがカンパニーのダンスです。

ダンスの中にドラマ性が加味されなければ、カンパニーの作品には

参加は難しく、振付初日に様子を見たが、正直まだ無理かな・・・?

こんな思いだったが、新人達の頑張る姿勢は半端じゃなく、日に日に

上達する姿は、災害で苦しむ姿から再興への努力が身を結び一人

一人に明るさが・・・・私からは及第点を与えたいと思っている。

レッスンで上達する姿勢は普通だが、公演のための稽古はレッスン

以上に上達が早く、上手くなる確率がより高いのです・・・・

今回の公演が終わり、次回の舞台出演には一段と上達した姿が

新人たちに見れると思うと本当に楽しみだ!

暑さに負けず汗を拭き拭き踊る姿は美しい!!頑張れ新人たち。

2013年7月10日 (水)

喜怒哀楽・麻雀

最近の酷暑には外出するのもうんざりだ・・・

そういう時の時間つぶしにはクーラーの中、気の合った友人達と雀卓

を囲むのが一番だ・・・これは私ではなく、我が「相棒」の言い分だ。

我が家で雀卓を囲むという事で一つに面倒な事がある、その面倒な

事は食事問題だ・・・前回の集まりには「トンカツ」だったが、今回は中華

に? 色々考えるのも相棒の楽しみ?でもあるらしい・・・

誰誰さんは「シューマイ」は好物だが、「春巻き」は嫌いだから代わり

に「チンジャオロース」か「エビチリ」にでもしょう、とか・・・

献立を考えるのも実に面倒だが、決して嫌いではないらしい・・・

病気もちの相棒だが、薬が効いている状態時には普段と大差は無く

一旦薬が切れてくると、足腰が痛いとボヤキが・・・でも麻雀は心底

嫌いではなく、痛いのに我慢し?・・・ その気力には脱帽だょ。

只、ついていない時に薬が切れると集中が切れボロ負けだ!

しかし、その逆もあるのだ、薬が効いて調子のいい時には集中豪雨で

瞬時に川が溢れるように、手の打ちようがない程にツキまくる相棒の

気迫に周囲は只唖然とするしかないのだ・・・大負けもするが、大勝も

する! だから麻雀は止められないと笑いながら吠える・・・・・

4、5日後には、まだ決定ではないが再び雀卓を囲む予定だ・・・

麻雀は気分転換にはもってこいの実に楽しいゲームだが、相棒には

無理をしないで身体の事を考え楽しんでほしい、が私の本音です・・・。

2013年7月 7日 (日)

七夕・アラカルト

今日は7月7日七夕・・・幾つになっても懐かしさを感じるのが七夕だ。

随分前になるがTVの仕事で仙台の七夕祭りに行った時、商店街通り

の一軒一軒に5メートルはあると思われる大竹に色とりどりの枝垂れが

垂れ下がり前も見えない程に並んだ枝垂れをかき分けながら前に進ん

だ思いが・・・・・大変豪華な七夕祭りだったのを思い出しているのだが、

疑問を感じた事もあった・・余計なことかもしれないが、七夕が終わった

後は豪華な短冊や枝垂れなどはどうするのだろう?

どんな方法で処分を? 実にもったいない事だが・・・疑問だった。

一年に一回の催しなので割り切って全てを処分するのだと地元商店街

の会長さんの言葉を思い出した・・・

なるほど、ここまで考えないと、さすが仙台七夕は全国区と言われる

までにはならないのだと思ったねぇ。 脱帽でした・・・。

また、短冊に書く子供たちの言葉にも変化が・・・

大人になってなりたいもの、男の子の一位は「サッカー選手」で野球

選手ではなく、二位は「警察官・刑事」・・・TVドラマの影響なのか?

女の子は「食べ物屋」さんが16年連続で一位を獲得。二位は「看護師」

警察官と同様に命や生活を守る職業への憧れが高まっているのでは

と感じたねぇ・・・

上位の常連だった歌手・タレントはぐっと下がり、時代の移り変わりを

表しており、面白い・・・。

それにしても梅雨明けの暑さは猛烈だ、・・・参ったねぇ!

皆さん、熱中症には気をつけましょう・・・・。

2013年7月 1日 (月)

富士山の山開き!

富士山が7月1日の今日、登録後初めての山開きを迎え想定外の賑わ

いを迎えたと、各報道のニュースが派手に伝えていた・・・・

6月の世界遺産委員会で世界文化遺産に登録され、今後「FUJISAN」

として国際的にも注目されるという・・・お目出たい話だが・・・・

前日の6月30日には世界遺産になって初めて見る「御来光」を拝もうと

大勢の人が山小屋を出発、私もニュースを見ていたが、真っ暗闇の中

懐中電灯の光の行列が長い一本の線になり、山頂に向け進んでいる、

何千匹の「ホタル」の光がユラユラと・・・幻想的な光景を見ているようで

実に感動的で美しかった・・・

今後は世界各地から多くの観光客が富士山に登ることだろう・・・・

急激な登山者に対処できるのか?富士山を管理する人たちの努力は

益々大変になると思うな・・・

トイレはまだまだ未完成とか・・・各種ごみ処理をどうしていくのか?

外国人の中には平気で薄着で来る人、サンダルで登る馬鹿な人も中に

はいるという・・急病になっても救急車は呼べず、本当に大変だと思うょ。

世界文化遺産に指定されたことは素直に喜ぶべきだとは思うが、反面

辛いことが多々ある事を真剣に考えていくべきだと思った・・・・・。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »