浦辺日佐夫ジャズダンススタジオ

無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月27日 (水)

感じの良い・・・美容院

理髪店から美容院へ・・・・

長い月日、私は理髪店の世話になっていたが、何と相棒の行きつけの

美容院を無理やり紹介され、生まれて初めて照れながら門をくぐった。

美容院と理髪店の差と言えば何と言っても先ず、きめの細かさだ・・・

順序は理髪店と反対で進行するにはびっくり、理髪店ではカットした後に

頭を洗うが、美容院では初めに頭を丁寧にジャガイモの皮が剥がれる

が如くしつこく洗うのだ、こんなに丁寧に洗うと一カ月は洗わなくても良い

のでは?  ・・・バカな考えだ・・・(不潔、このうえナシ!)

重い感じだった頭も実に軽くなった感じに変化し嬉しいかぎりだ・・・・・

カットしてくれたマスターも大変親切でした(もちろん女性ですょ)

実にさっぱりしました・・・ 今後は理髪店から美容院に変更決定デス!  

理髪店のマスター長い間、世話になりました・・・有難う!

2013年3月23日 (土)

突然の桜満開に驚き!

3月中旬も過ぎ低気温、強い雨風が吹き荒れ寒い日が続いている

春は、いつ頃になるのか・・・・?

つい先日、この様なブログを記したばかりだが、3日後の今日、何と桜の

満開情報が・・・桜のサも報道していなかったのに・・・・・ショック!

つい2、3日前までハタ寒いと感じていたが、上野公園、明治神宮外苑

靖国神社、共に史上2番目に早い3月22日桜満開が気象庁より発表!

上野公園には15万人の人出、23日の土曜日は30万人の人出とか・・・

季節の急激な変化には正直驚きだが春の香りは嬉しいものだ・・・・・

家の近くに桜の名所が・・・珍しくもないが、愛犬チャッピーを連れ散歩

にと考えている・・・

満開の桜の花ビラを頭に浴びながら歩いてこようと思っている・・・・。

2013年3月20日 (水)

風に春の香りが・・・

3月中旬になり、ようやくほのぼのとした日々が・・・

いつになったら春らしくなるのだろう・・・朝晩の寒さは春とは名ばかりだ。

季節外れの雨風、突風、嵐・・・この頃の気候は何かおかしい・・・・

冬の延長を感じさせる日々が続き、鼻がグズグス、全くやりきれないよ。

今年もスギ花粉は大変らしい、また中国からの黄砂、信じられない黒い

スモッグと気にかかることばかり、愛車チョコベーは洗車した数時間後に

は黄色っぽい埃だ・・・こんな汚れた中に我々が生活している事を思うと

やりきれないねぇ・・・・気象庁の話ではこの時期だけです、と・・・本当?

女性の化粧も大変だろうねぇ、先日話を聞いたのだが、朝、化粧をして

外の仕事に出かけ、昼過ぎ化粧室で鏡を見るとオーバーではなく、

何と顔がドス黒く見えるとか・・・そんな感想を話してくれた・・・

高価な化粧品を使っているのに冗談じゃないわ・・・とも (笑) 

こんなことが一年中続くとは思えないが、との会話に目を吊り上げ 

冗談じゃないわと、真剣に怒っていたょ! お気の毒だね・・・・。

男にはこんな心配はないが・・・何んたって春を感じさせるこの気候に

「桜」も華やかに咲き乱れる時期が近いという事は嬉しい・・・

暖かいそよ風に春の香りはもう目の前だ・・・・・。

2013年3月11日 (月)

被災地の友人からの依頼・・・

忘れもしない2年前の今日3月11日、悪夢の東日本大震災が・・・・・・

福島の友人から作品依頼・・・大震災の様子を秋のジャズ協主催の

ジャズダンスフェスティバルで多くの皆さんに、風化がささやかれる?

前にダンス作品として見て頂きたい・・・勝手なお願いですが聞いて

もらえませんでしょうか・・・?

・・・Uさん、の構成振付で大地震、津波の恐怖の現実を是非舞台で、

本来なら、直接の被害を受けた私たちが作品を考えるのが・・・・・

しかし稽古場は地震や大津波で流され、レッスン生達もばらばら、

今は作品を作る意欲、気持ちも持てない状態、とのこと。

気の毒としか言いようがありません・・・

かと言っても、よし!わかった、とは簡単に返事は出来ず、良く考え

検討し返事を、と連絡する・・・・正直、実に難しいテーマですネ・・・”

フェスティバルの参加、不参加は今は未定だか、参加の場合には

どんな作品を作るか、当スタジオでは現在は何も考えていません。

まだまだ9月の公演には時間があるので、じっくりと考えたいと思う・・・

今日はTVをつけても大震災の辛い画像の姿ばかり・・・・・

何とも落ち着かない一日だった。

2013年3月 5日 (火)

新・歌舞伎座 4月 開場!

平成25年4月新・歌舞伎座(5代目)が華々しく開場する!

日本一の廻り舞台、駅から直結でバリアフリー、柱を無くして客席を

ひとまわり大きく、新築前の客席よりやや少ない1800席は大変見や

すく、観客の喜怒哀楽の様子も大いに想像できるとか・・・・

我々ジャズダンスやバレエ公演等には先ず使用することは無い劇場

だが、日本の伝統芸能を絶やすことなく続けて行く歌舞伎の世界は定

まった演目を永遠に継続して行かなければならない大きな責任の中で

役者の方々の苦労は大変だと思う。歌舞伎の世界に生まれた「さだめ」

は決し笑いや悲しみだけでは済まされない重い苦労があるのだろう・・・

新しい歌舞伎座の開場を4月2日に控えた歌舞伎界に悲報が続いた・・・

中村勘三郎さん(57歳)市川団十朗さん(66歳)、歌舞伎界の大スター!

舞台に立つための準備は誰よりも強かったでしょう・・・・・

歌舞伎界の「宝」を続けて失った事実は誰もがショックとしか表現

出来ない大きな悲しみでしたねえ・・・ ご冥福を・・・・・

    少し暗い話になったが、当スタジオで長い間ダンスを続けて

いたK・Kさん、歌舞伎座での仕事勤務も長く、今やベテランだ・・・

在籍中は味のある個性的なダンス、また趣味としてパチンコを愛し、

我が家にも歌舞伎座内で起こる様々な様子を面白く聞かせてくれる

のだが新・歌舞伎座の開場で当分の間、話題が絶えないのでは・・・・・

色々な出来事を面白おかしく聞かせて呉れるK・K さんの話を楽しみに

私、 Dream man は期待しているよ。

ミスK・Kさん、楽しい話、情報待ってるぜ!!

2013年3月 1日 (金)

3月・驚きとショックの思い・・・

2月も終わり、今日から3月。

3月といえば忘れることが出来ない辛く悲しい思いがよみがえる・・・

誰もが知る、東日本大震災だ!!

2011年(平成23年)3月11日(金)午後2時46分ごろ、東北地方沖地震と

それに伴って発生した大津波・・・忘れようにも忘れることが出来ない。

地震の規模はM(マグニチュード)9、0で気象庁観測史上最大の地震

だったと記憶している・・・15、800人強の尊い生命が失われ、まだまだ

多数の方々が行方不明だそうだ・・・誠に悲しいことです。

3月はとても悲しい月としてこれからも記憶に残るだろう・・・

3月11日、辛く忘れることが出来ないその日が再びやってくるのだが

被災地の多くの方々の復興に見せる意気込みは目を見張るものが

あり、人間の生きる意気込みには凄いとしか言いようがない思いだ!

同じ日本人として誰もが心から復興を願っている事に変わりは無い。

寒い冬の季節も長くは続かずまもなく暖かい季節に変わる・・・

しかし、まだまだ復興が進まない地域は多いと聞く、被災地の

皆さんも悲しみをバネに力強く頑張って欲しいものです・・・

復興を願う一人として・・・心から・・・Dream manの思いです。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »