浦辺日佐夫ジャズダンススタジオ

無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

大晦日・2012年をかえり見て

2012年大晦日、今年は特に話題豊富な年だったのでは・・・

・・・石原前東京都知事が米ワシントンで尖閣諸島購入表明。

中国韓国との溝が深くなり、又オリンピックでは日本のお家芸、男子

柔道が金メダルゼロの情けない状態・・・

政界では野田前総理の”近いうちに信を問う”が流行語に・・・12月の

ゴタゴタ選挙で民主党惨敗は承知の通り、大臣だった田中真紀子氏

の落選コメント、映画「ローマの休日」にあやかり”老婆の休日”を

今後ゆっくりと楽しむとか・・・この言葉には笑えたよ (馬鹿笑い)

私のブログも一月から十二月まで、その時期の様子などを交え52回の

様々な出来事、思いなどを感じるまま勝手に書き綴ったが、ブログを

読んだ皆さんにはどの様に感じたのだろう・・・? 少々心配・・です。

今年は体調の方も決して万全ではなかったので、2013年は私の”相棒”

共々体調、そして健康面には充分気をつけたいと思っています。

そしてブログだが、ほのぼのとした夢など、楽しく感じたままを面白く

綴ってみようと考えている。

只今の時間PM11時50分、今年もあと10分で2013年の幕開けです!

 皆さん、来年も是非素敵な良い年にしていきましょう!

2012年12月22日 (土)

新入生たちの・・・大掃除

12月22日、恒例の稽古場大掃除が今年もベテランの皆さん、そして

大勢の新入生の皆さん達と共に楽しく華やかな笑顔の中で進行、

あっという間にピカピカの稽古場に早変わり・・・今年は新入生が多く

彼女達は初めて稽古場の大掃除を体験、ベテランの皆んなとの会話

にも花が咲きとても楽しい時間を・・・最後にこれまた恒例のお汁粉を

ワイワイと食し、新入生達の意気込みなども聞きながら楽しく雑談・・・

スタートは冷たい雨だったが夕方には太陽も顔をだし皆笑顔で解散!

稽古場はとても奇麗になり万々歳! 

皆の笑顔と共に、来年もまた楽しいレッスンができますように・・・

皆さん、お疲れ様でした・・♡。

2012年12月21日 (金)

ノロウイルスを心配・・・

17日・・・寒気がする、ヤバイぞ風邪気味だ!

18日・・・咳が激しい!熱は通常だが、本格的に風邪だ!

19日・・・咳が続く、ノロウイルスに感染したか? 下痢、腹いたの症状

     ナシ。恐怖のノロウイルスではないらしい・・・

20日・・・かかりつけの医者に相談、単なる疲れからきた風邪です!

     冷たい答えだ・・・薬を用意したから呑んでください、との事。

     風邪薬、抗生薬、胃薬、等4種類、単なる風邪としては少し

     薬は多すぎるのでは、と聞く・・・黙って呑む! と先生。

     ・・・・さっそく呑む私。

           服用した薬の中に睡眠薬が入っており、久しぶりにぐっすり!

  21日・・・   咳も止まり、体調も万全! 95%は回復!     

     単なる風邪ですね・・・医者の冷たい言い分に、患者に対して

     少し冷たいと感じていたが、さすがかかりつけの先生、一晩で

     すっきりと直してくれる薬を用意してくれるとは・・・

さっそく先生にお礼のTelを・・・

先生の言い分・・・これが私の仕事ですから!・何とも「キザ」な言葉。

「早く元気になって良かったですね」 ぐらい言って欲しかったのに・・・

また少々腹が立ったが、ツーカーの間柄ではこれも仕方が無いか?

とにかく、ごたごたし5日間でした・・・。

2012年12月16日 (日)

ステップを楽しくマスターしょう!

今回はダンスステップの話をしましょう・・・・

トレーニングの大切さは前回のブログで紹介済みだが、ステップを

楽しくマスターするにはどんな注意が必要かを紹介しましょう・・・

ダンすに興味もち入門しても基本の柔軟だけでは消化不良に・・・

楽しみはダンスステップを早く体験することが先ずは消化不良解消

の第一条件です。

初心者の皆さんには、音楽に合わせた簡単なステップを早くマスター

することです。この場合、格好は二の次で良いのですよ・・・!。

自分の姿を鏡で見て驚かないように・・・最初はそれで良いのです。

大事な事はステップの順番を間違わず注意しつつ、音楽に合わせ

ハチャメチャに身体全体を動かし、音とステップを合体させるのです。

これは訓練の大切な要素です。不要な部分は後でいくらでも直しが

ききますから、安心ください。

尚、簡単な歩きでの前進ステップだが「右手と右足」を同時に出して歩

かないよう注意しましょう・・・これは業界言葉でナンバステップと言っ

ていますが、ベテランでもついウッカリで右手右足を同時に出す人が

結構いますよ。初心者が恥じることは決してありません・・・(笑い)

私がメンバーに良く話す事だが、稽古場での失敗は決して恥じること

ではなく、稽古場だから大いに間違い、恥をかきなさいと・・・・

しかし間違い失敗は稽古場だけにし、本番の舞台では決して間違っ

てはいけないと、・・・皆はこの事を大切に守って呉れています。

入会の皆さん達の中には、ダイエットを心がける、若さを保つ一環、

できれば将来、ステージでダンサーとして踊りたい、等 色々な目的

を持っていると事だと思います。

縁があり入会した皆さんには・・・悔いのないレッスンを続けて欲しい

と切に願っております。

皆さん、頑張ってください!

2012年12月12日 (水)

トレーニングの大切さ

トレーニングの大切さはダンサーに限らずあらゆるアスリートには

重要でとても大切なことは言うまでもない、怠ることは自身の肉体の

衰退に直結することは誰もが理解している事なのだ。

レッスンは汗をかく・・・薄着の稽古着は常識だ・・・動いて汗が出る

までの身体は固く辛い、関節はボキボキと音がする錯覚に陥るのだ。

今日はレッスンに出ようか?休もうか?・・・寒いなぁ・・よし、休もう!

決断は自分自身が決めることだから誰も文句は言えない・・・

しかし、何事も上達するか?しないか?はこの様なごく小さな決断

の積み重ねが将来につながることを理解し忘れちゃいけない・・・

レッスンは決して楽なものではなく、何で毎回、毎回同じストレッチ

の繰り返しで身体を動かし、ポキポキと関節の音を聞かなくてはなら

ないのか・・・?

しかし、しかし、この辛く苦しい積み重ねを努力しながら続けた者に

将来が有ると思ってほしいのだ。あらゆるアスリート達の成功者は

辛く苦しいこの様な場面を歯を食いしばって頑張った者が栄光を

掴むか、栄光に手が届く位置にいるのだ・・・と。

その第一歩が、全てのレッスン(訓練)からなのです。

自分はダンスは好きだが、レッスンは気が向いた時に行きたい・・

これも個人の自由だから他人が文句を言うことではない・・・。

只、ダンサーを目指す者はこれでは駄目だ!

ダンスが好きで舞台での出演に夢を持っている者にはあえて言う

レッスンは大切、そして重要だ! レッスンで汗を出せ!! ・・・・と。

若い時の肉体から、人は年々年を重ね自分の体型も微妙に変化が

生じてくる・・・例えば同じ40、50歳でも長年レッスンを続けている者

はオーバーではなく、周囲の者より15歳は若く見え実に素敵だ!

常日頃から肉体を訓練している成果は決して嘘はないのだ。

当スタジオのベテランメンバー達の年齢はあえて公表しないが、

公演には随時出演の上、あらゆる役柄をこなし大活躍。その

若々しい動きは長年の積み重ねから来る実績です・・・

それらメンバー達の舞台での評価は年輪から湧きでるしっかり

とした本物のダンスの基礎を身に付けた「舞台人」だ・・・

Dream manの自負である。

  < レッスン>は「芸」と「若」さを保つ永遠の特効薬だ!!

2012年12月 7日 (金)

東京でコスモスを見た

久しぶりに コスモス (秋桜) の花が目についた。大好きな花だ!

花の女王といわれている華麗なバラ、ランの種類に交じって店の隅

にひっそりと息しているコスモスの花は何とも 懐かしく、東京には

コスモスの花はないのか?と思っていたが、久しぶりに現実を見て

ホッとし、安心した。

数年前になるが、郷里黒部に仕事で出向いた折に、畑のあぜ道に

目の覚めるような色とりどりのコスモスの群生を見て大感激!

派手さ、豪華さはコスモスには無いが、花弁の色の美しさは実

に華麗、そして控え目だ、見ていると心が落ち着く、好きだなぁ・・

コスモスを店に出すことは珍しいと花屋のマスターは話してくれ

た・・・・売れないのですか? と聞く。

バラなどとは異なり「茎」が細く、すぐに枯れるので商売にならない

と話してくれたが・・・・そんなものか、と少々ガッカリ。

数年前の失敗談を・・・河口湖の湖畔に野生のコスモスが咲き誇

っていたので根から引っこ抜いて家で植えようと持ちかえったが、

車のトランクを開けてびっくり・・・コスモスはすっかりしおれ切って

全滅状態!それ以来東京でコスモスは見ていない・・・花屋で

美しく咲いていたのを見た喜びは、実にホッとしたのと何とも言えな

い安心感が・・・・コスモスの花を見ているとイライラが解消され気持ち

が落ち着き仕事がはかどるのだ・・・。

花言葉・・・ピンク色の花は純潔。赤色の花は調和、愛情。白は美麗。

濃ピンクは愛情。黄花は野生美。濃紫は恋の終り。

六種類が一つのコスモスとなりドラマチックな臭いを醸し出している

一つの花でこれだけの花言葉があるのも珍しい・・・・

    ガラス張りの花壇の前で、しばし懐かしい思いを感じつつ・・・・・

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »