浦辺日佐夫ジャズダンススタジオ

無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月20日 (金)

魔法使いを支える私の右腕たち

ダンスを構成、振付するのは私、魔法使いの仕事です・・・・

今回は振付を華麗に演ずるカンパニーの中心的面々を紹介しよう。

切っても切れない当カンパニーの右腕たちは6人のメンバーが中心だ。

駒田順子、本多麻理、小牧由美、仲山美弥子、久我千代子、野澤恵里子

AKB48のような見た目の可愛らしさはさすがに無い?が 実力あるダンス

は素晴らしく魔法使いとしても決して恥ずかしくないベテランたちだ。

若い頃は只、手足を元気よくあげ軽々とジャンプをし見た目の派手さは

あったが観客の心に残る印象度は薄い、何故かと言えばそれはあくまで

「観客に見られている」のであって「観客に対し見せる」ということが未熟

でしかなかった・・・。

ダンスは芝居と異なりセリフを発しない、その分演じる一人ひとりの

キャリア、経験が実力として舞台に出るのは仕方がないことです・・・・。

ダンスは個人の演技力が100%発揮されなければ観客に感動など決し

て伝わらないのです・・・・。

私が作るダンスは一人ひとりが味を出し観客に無限大の想像力を醸し

出す心を常に要求する、その要求を最大限舞台で発揮し演じてくれる

のが6人のベテランメンバーたちと言っても過言ではないのだ・・・

後に続く若いメンバーたちは先輩たちのそういった「見せる」姿勢を

目下勉強中だ。

テクニックの訓練はもちろん大事だが一人ひとりが「心」を見せられる

ようなダンスを一日も早く習得しベテランの中に食い込んできてほしい

と魔法使いとしては常に心から願ってやまない・・・・・・。

2012年4月18日 (水)

タケノコ三昧・・・

旬・・・いまが食べ時、タケノコだ!

友人から皮つきのタケノコが送られてきた、なんと段ボールに10本も・・・

段ボールを開けたとたん新鮮な香りいっぱいな旬のタケノコの臭い・・・

ウヒゃー、こんなにたくさんのタケノコをどう料理するのか?

もちろん私が指図出来るわけがなく、友人にコメぬかと大なべを借り

大仕事の始まりだ・・・私の役目と言えば、ゆでる前の皮むきだ・・・

剝いても剝いてもなかなか白い中身が見えてこないのには驚きだ。

大なべにコメぬかを入れ沸騰させたその中に数10分、上の方は柔らか

になったが、下の方はなかなか柔らかくならないのには驚いた。

無事、出来上がり!  只見ているだけの私だったがホッとひと息だ。

さぁ料理開始だ! と言っても料理人?たちはいったい何を作るのだ

ろう・・・期待半分、楽しみ半分の気持ちは私だけかもしれないのだ。

出来上がりメニュー・・・・

先ずは、タケノコご飯、タケノコの野菜煮込み、タケノコの吸い物・・・

タケノコのきんぴら、美味い! 久しぶりに春の旬を食し大満足た。

こんな美味しいタケノコ三昧を見事完成させた料理人?(相棒はじめ、

初めて挑戦した魔法使いの弟子たち)に拍手を送りたい!

本当にご馳走様でした。感謝、感謝です。

腹の中はタケノコでいっぱい・・・明日の朝、目が覚めると頭の上から

竹の、新芽が出てなければいいが・・・!?(笑い)

とにもかくにも春の旬を美味しく味わった一日だった。

美味かった・・・・!

タケノコ三昧・・・笋三昧

タケノコ三昧・・・笋三昧

2012年4月11日 (水)

あっという間に桜の通過

春の象徴・・・桜!

遅い遅いと思っていた桜の開花もあっという間に蕾が開き・・・

あっという間に華麗に満開、ライトアップのもとでの美しさも一日、二日!

あっという間に風に散るピンク色も寂しく、あっという間に今日は葉桜、

実に特急電車のようだ・・・まさに世の幸せが一瞬に風と共に過ぎ去る

がごとくだ・・・例えが少々オーバーだね?

一年に一度の素晴らしく華麗な短い時間を堪能する人、しない人・・・

どうでもいい人・・・人により様々だが毎年見る同じ風景でも、様々に

変化があることは人生の一瞬を見る感じがするね・・・

今年の桜時期は大変寒かったが桜が散ったら温かさを感じるように

なってきた。この暖かさに世の女性たちが桜に代わり美しく開花して

いくのだろう・・・世の中捨てたものではないね!!

2012年4月 2日 (月)

気になる首都直下型地震・・・

本当に関東に地震は来るのかね?

東京湾で地震が発生した場合の首都圏の被害状況がこと細かくTVで

放映され震度7、6、5、4と被害状況が「色別」で表現された。

気持の良いわけ無いよねぇ、死刑囚がいつ「刑」が執行されるか知らさ

れず、不安な気持ちと同じだ・・・TVで連日ひつこく報道されるとイライラ

が募るよねぇ・・・(胃薬は用意しておこう)

港区には約3メートルの津波が想定され、都内の停電は約8日間、電車、

地下鉄は復旧の見込みが立たないとか・・特に地下鉄は大変危険とか、

「水」をはじめ備蓄の用意は必要なのかねぇ?

レッスン生も震源地の横浜や都内のあちこちに・・・本当に地震が

来たらレッスンなどとんでもないねぇ・・・反動で身体も動かさず食って

ばかり・・・きっと醜く太るかも!(笑い)

世が不安定の上、これ以上悪いことが想定されると、さわやかな

「春うらら」の美しい言葉も正直色あせるねぇ・・・いやだねぇ!

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »