浦辺日佐夫ジャズダンススタジオ

無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月19日 (火)

感動・なでしこジャパン!

激闘の末アメリカを制し、金メダルを獲得した日本代表がサッカー界の

夢を成し遂げた!実に感動的だ。なでしこジャパンはFIFランク一位の

米国をPK戦の末破りFIFA主催大会で男女を通じ史上初の優勝という

快挙を達成。試合はジャパンが二度先行され死闘となったが沢選手の

大活躍で土壇場でチームを救ったのだ。5大会連続出場の精神的支柱

の沢選手は最後までなでしこジャパンをけん引し、日本サッカー界に

金字塔を打ち立てたのだ・・・日本の小さな女子たちもアメリカの大女に

果敢に立ち向かい見事PK戦で勝利・・・感動したよ。

最後まであきらめない、なでしこジャパンの意気込みには震災にあった

皆さん、また日本中の人々に素晴らしい勇気をくれたと思う。

サッカーの神様はいましたね・・・感動をありがとう!

それにしても日本の女子はスケート、バレーボール、そしてサッカーと

大変力強いね・・・男たちよ、頑張ろう!

2011年7月 7日 (木)

七夕・・・ロマンに満ちた星祭り

7月7日は星祭り、七夕の日・・・。

「おり姫」と「ひこぼし」が一年に一度だけ天の川の上でデートする日と

いわれているが、昨年も小雨模様で星一つ見る事ができなかった、と

記憶している。せちがない今の世では、のどかなロマンに満ちた話だ

が、殺伐とした今の世だからこそ、ある種のロマンを感じるのかもしれ

ない・・・曇り空で星一つ見えないのでは、この日にちなんで短冊に願い

事を書きその短冊を笹の葉につるし、おりひめ星に願うことなど大変

むなしく、満天の星空を見るとは比べものにならない寂しさだろう・・・・。

現在の暦では7月7日は梅雨の時季、星の見えにくい日が多いが

辞書には旧暦での7月は天候の良い秋の時季であり、七夕は秋の

行事と位置付けられているのだ・・・。

どちらでもよい事だが、満天の星を見上げながら「おり姫」「ひこぼし」

の年一度のデートに、現代人としてある種のロマンを感じるのだ。

2011年7月 5日 (火)

陶芸・初体験

箱根の「仙郷楼」別館は部屋に露天風呂が設備され24時間好きな時に

温泉に入れる・・・緑の樹木に囲まれた雰囲気は最高の温泉だった。

そこの旅館に陶芸体験コースがあり、前から一度経験したく温泉もそこ

そこに一日入門をした次第。

一日目は花瓶、二日目はオリジナルの皿、二日間とも先生と二人きり

で本当にラッキーだった。しかし素材の粘土は大変わがまま?で自分

の想像とはおよそ、かけ離れた形に変形し、何じゃこれは?とイライラ。

手はもちろん、衣服にも粘土が・・・側からの見た目は何となくベテラン

陶芸師?に見えるのでは?・・・そんなはず絶対にあるわけないよな!

しかし出来あいは、自分で言うのもなんだが、アートっぽい?作品に

仕上がったのでは? と自負しているのだが・・・

ちなみに、こんな神経を使ったのは初めてで部屋に帰りグッタリ・・。

先生の言い分・・・初めての体験からすれば実にセンスある作品だ

と思いますょ。焼きあがったら早急にお送りしますね、と・・・。

お世辞でも実に嬉しい褒め言葉だったので、ウヒャ ウヒャ気分に。

私自身、大変実のある経験ができたことは嬉しく、これからも時間

を作り、徐々に作品らしい作品を目指してみようと思っているのだ・・

ちなみに、色を塗り窯に入れ出来上がりは二カ月程かかるとのこと、

遅すぎるぜ!

「陶芸」初体験談でした・・・・。

2011年7月 1日 (金)

友人知人の皆さんに感謝!

年に一度、二人して幸せを感じる特別の日がある。

部屋の中が素敵な花畑になり、豪華すぎるケーキの香りで部屋中が甘い

香りでクラクラと・・・私たち夫婦のバースディです。

6月30日・今年も間違いなくこの日が、日頃あまり接しない方もこの日を

忘れることなく素敵なプレゼントを・・・本当に本当にありがとう! 

彼女の宝塚時代からの友人たちの友情の深さに改めてスゲェー!と

感心している私です。

只、調子に乗ってケーキを食べ過ぎると、どうしょう・・・太る!これは私で

はない彼女の言い分だが・・・何を贅沢な!東北の被災者を考えなさい

これは私の言い分だが、少々意味合いが?違うみたいだな・・・。

少しぐらい太っても美味しいものを食べ、いつまでも元気でいることが

友人の皆さんと幸せを分かち合える素晴らしい人生だと思う私です。

皆さん素敵なプレゼント、ありがとうございました・・・・。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »