浦辺日佐夫ジャズダンススタジオ

無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月27日 (月)

苦しみ、そして喜び!

新・国立劇場にて来る8月7日公演の振付も25日に無事終了し、私は

只今休息中・・・デス。出演者は今後、数日間は固め稽古に入り、表現

を最大限に出すための稽古、第二段階に突入だ。 群舞の場合はソロ

とは異なり、先ずは手足から揃えることが大切なことは言うまでもなく、

この稽古が大変つらく苦しいのだ・・・・。

しかし、皆ダンス大好き人間なので和気あいあいと、お互いが自主的

にテーマを持ち、お互い悔いが残らないよう努力しているのだ。

観客に素敵な「夢」を提供する・・・・芝居、歌、ダンス、作品を作る者、

演じる者達が求める永遠のテーマには間違いはないのだ。

その為の第一段階は先ず一歩の「稽古」から始まるのだから・・・・・。

苦しみの後に来る喜びを、是非一人ひとりに味わってほしいものだ!

  以前から陶芸に興味を持っていたが、近いうちにチャンス到来?

  先ずは土をコネルところから・・・結果は? 只、頑張るだけだょ

  期待?あるわけないが振付同様、努力し、悔いのないように。

  しかし、悔いはいっぱいあるだろうなぁ・・・

  今からワクワク・・ダョ。 後日、お知らせするぜ! ウヒャ、ウヒャ

2011年6月17日 (金)

マンハッタン・ラプソディー

来る、8月7日(日)新国立劇場にて日本ジャズダンス芸術協会の

特別公演が開催される。出演総数は約170名の大イベントです。

第Ⅰ部はFreedom、第2部はN・Y・Its My Precious Memories。

オーデションで受かった若手メンバーに加え、協会所属の各スタ

ジオの先生方も参加し各景力を注ぎ、目下振付に専念している

ことと思います。 浦辺スタジオとして単独出演する景は第2部で、

N・Yの夜景街を見下ろす高層ビルに集うパーティ会場からお送り

する華麗な女たちのロマン溢れる群舞”マンハッタン・ラプソディー”

を演目と考えました。 18日、25日の2日間で振付完成予定だ。

舞台機構の問題を含め、無事に進行するか心配な面も出てきそ

うで、安心とまではナカナカ・・・・・です。観客の皆さんに夢を見て

いただくことは大変難しいことだが、それを克服し良い作品を提供

するのがプロの仕事だと常々思っている。努力し納得がいく作品

に仕上げたい、これは振付前には毎回、毎回思うことです・・・。

是非会場においで頂き、夢のひと時をお過ごし願えれば幸いです。

2011年6月 5日 (日)

天災列島日本?

去る3月11日、最悪の大震災から3ケ月目に入り政府の復興対策の

遅れも目をみはるばかり、日本全体が何かしらイライラ状態である。

TVでは連日総理大臣の無能さが指摘され、早く辞めろ、辞めたくない、と

くだらん政権争いの野次の連発・・・そんなことより今”やることがあるの

では”と下らん争いに実に腹がたつ思いである。

大地震、大津波、先が見えない原発事故、地滑り、馴染みの薄い、竜巻

まで日本各地で被害甚大、まさに天災列島の印象が強い日本である。

私事だが、この様な不安定の気持ちのまま落ち着いて作品を考えるなど

気分的にもなかなか出来ず、一日も早く世の中が落ち着いて欲しいと願っ

ている私です・・・・。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »