浦辺日佐夫ジャズダンススタジオ

無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月21日 (月)

地震酔い

先日、私が定期的に検診している血液検査の結果報告を聞きに

クリニックに出向く・・・結果は全て異常なしの報告。グット!

 待合室の患者の多さは何だ?・・・先生に聞く・・・「体調が悪い

ようには見えないし皆元気そうだが・・・?」先生いわく、先日の

大地震の後遺症ですょ・・・三半規管の弱い人に起こる、ふらつき、

めまい、を感じることで「地震酔い」ですょ・・・と、初めて聞く病名に

驚いた。大地震の後、この地震酔いの人が急に増え、日に10人は

来院しているそうだ。一種の船酔い状態と同じで比較的若い人に

多いのも特徴だとか、酔い止めの薬でも大丈夫だが、安静を保ち

寝る時には首を横に向けて寝るのが効果的とか・・・先生談。

東京でこの状態だから強い余震が続く東北では多くの人が苦し

んでいると思いますょ・・・先生談。

初めて見た凄い「大津波」 初めて聞く「地震酔い」という言葉・・・

「初めて」という言葉に、少々違和感を感じている。

2011年3月15日 (火)

原発の恐怖、現実に!

大地震、大津波の恐怖を連日つらい気持ちで見る・・・・最も

恐怖感を感じるのが「原発の放射もれだ」大きくならなければ

と祈っていたが・・・最悪の現実となった。

数年前にロシアのチェルノブイリで原発事故があり、今後も

誰も住めない死の町である。またアメリカのスリーマイルでも

同じ大事故が発生し、現在も放射能をかぶった多くの人々が

亡くなっているのだ。

目に見えない放射能を見分けることが不可能となれば、どう

対処すればよいのか?外出後、衣服を払い、うがいをすれば

よいのか? 外に洗濯物は干さない、窓は閉め切る、花粉症

対策に類似しているが薬を飲めば治る花粉症とは比べようが

ないのが恐怖の放射能汚染なのだ。

体内に入ると二度と体外に出ることはなく、白血病や癌に、又

妊婦からは奇形児が生まれ、死と直結するのだ・・・・

時代の進化がこのような危険な原発を作りだす人間の愚かさ

を垣間見ているようだ・・・一日も早い解決を祈りたい。

2011年3月13日 (日)

東北地方太平洋沖地震の恐怖

3月11日、2時40分頃・・・

マグニチュード 9、0 震度7 東北地域を襲った大地震だ。

N・Z地震の悲惨な状況の数日後、東北地方で信じられない大きな

大地震、そして初めて目にした津波の凄さ、真っ黒な海水が防波堤

から漁船を街中まで、また車、家屋を玩具のように押し流す津波の

凄さは正に恐怖そのものだ。津波が去った後の荒れ果てた中での

火災発生・・・これ程までの大災害は何100年に一度あるかないか

とまで言われている。仙台市の若林区では200~300人の遺体が

発見され、長野県で震度6強の強い地震が起こるなど東北、関東

中信越など列島各地で地震が相次いでいる。

死者、不明者が3000人強とか・・「阪神淡路」の180倍の地震規模

とは如何に凄い地震、そして津波であったか・・・

そして最も恐怖を感じるのは「原発」の爆発事故だ。チェルノブィり

を思い出し、ゾッとする大事故だ。本当に、本当に大丈夫なのか?

各スーパーでは列をなし、ガスボンベ、、カイロ、懐中電燈、カップ

ラーメン、ペットボトルなどが売り切れているという・・・

今回の地震で被災者たちの様子を見て、災害時に必要なものと

して用意しておくことは必要なのかと強く思った・・・・。

これを記している今、また余震だ!・・・・ 気持ち悪い。

2011年3月 8日 (火)

夢満杯のダンスを・・・

観客がダンスを観劇する時、舞台に何を求め、何に期待をして劇場

に足を運ぶのか? 観客の舞台を見る目は実にシビアで怖いぜ。

それらを全て把握し作品(演目)を考える時の期待感と苦しみは誰も

理解出来ないでしょう。 そんな時期は孤独感が増し、イライラする

自分に、誰もが不思議と近寄らないのだ・・・

そんな時期が年、数回あるのだが、ニコニコと接する気持ちは常に

持っているのだが・・・笑顔が? 足りない? そんな馬鹿な!

あまり神経質にならず、”口笛を吹きながら”作品を考えるよう

早くなりたいものだ  ( いまさら無理か・・・ ) 

そんな時期が又、今年もそろそろ来るのだが・・・・・・ 

口笛吹いて、 夢ある作品作りを目指すぞ・・・ニコニコと・・・(笑い)

2011年3月 5日 (土)

入試ネット流失

入試ネット流失がTV報道に、何?・・・こんなことが実際にあるのかと実に

驚いた、と言うよりインターネット掲示板でヤフー知恵袋に投稿したとか、

それも入試中に携帯操作をして・・・マンガチックで怒りより笑いの気持が

実感だったが一体何だろう? 真面目に受験する者には実に迷惑この上

ない怒りだと思うが、こんな世の中になったのかと時代の進化に只驚きだ。

この先、何を使用してどんな犯罪が起きるのか? 考えただけでも不安で

ある。予備校生の逮捕でこの事件は落着したが入試会場での試験管の

態勢の甘さが、また問題になるのだろう・・・。  各大学では色々態勢を

考慮し、事件の防止に全力を注いでいるが、一つ事件の解決をみると、

又次の新たな事件が・・・イタチごっこになる可能性が皆無とは言えない

のだ・・善悪の判断を忘れないでほしいと切に願いたいものです。

                                (深いため息・・) 

2011年3月 1日 (火)

魔法使いと弟子たち

早いもので2月も終わり今日から3月、春の香りがする中、中東に

於ける大群衆の連鎖デモやN・Zの大地震と暗いニュースが続く中

2ケ月が過ぎ去る・・・明るい話題はないのか?スカイツリーが600

メートルに今日到達し世界一の高さになったとのこと。これは明る

い話題だ。私から、ひとつ明るいニュース? を提供しょう。

「魔法使いと弟子たち」・・・コメディタッチのタイトルだが、この深秋に

公演する名称だ。スタジオのメンバー主催で開催する楽しく活力ある

ショーオンステージは本当に見ごたえのある舞台になるよ!

ベテラン、若手メンバーがダンスの真髄を思う存分発揮し観客に素敵

な感動ある「夢」を提供できると自負している・・・・私、魔法使いです。

この話題は今後もDream Manのひとりごと、で追々発表します・・・。

是非お楽しみに!

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »