浦辺日佐夫ジャズダンススタジオ

無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

感動サッカー!

1月30日未明、サッカーアジアカップの決勝戦を見る。

久しぶりに感動した試合を見た・・・オーストラリアの

身長の高さ、ゴール前のヘディングに日本チームは

苦労の連続で見ていても六分四分で日本チームの

不利は明確で、点が入るのも時間の問題としか私

には見えなかったが何と終了まで双方〇点・・・。

延長戦に入り日本が貴重な貴重な虎の子のゴール。

夜中の3時頃とは思えず眠気も感じず、興奮した。

サッカーは中々点が入らずどうしても見たいスポーツ

ではなかったが久しぶりに興奮の気持のなか、感動

ある試合を見せてもらった。

一人一人が最後まで夢に向かって懸命に努力し目的

を達した姿を見た試合だった。

優勝おめでとう、日本! 次は世界一だ!

2011年1月25日 (火)

遊びでの運、不運

正月を挟んで友人たちと数回麻雀を楽しむが不思議な

事もあるものだ・・・妻Sの勝負強さには定評あるのだが

このところ連敗の連続でS自身、どうなったの? と・・・・

目の治療で入院、術後はほぼ視力は元に戻り安心だが

その時の治療で麻雀の神様がどこかに飛んで消えて

しまったと・・・S談

負けが続くと考えることは誰も同じで、単に運が無い

だけなのに、日頃から勝負に強いSが、ブツブツ愚痴

を言っているのを周囲のメンバーは日頃の恨み?を

今こそ晴らすぞ! と大いに盛り上がる。実に楽しく

愉快な雰囲気である。

そんなSの不振も今は元の勝負強さに戻り、笑顔

いっぱい、えびす顔のSである。

そういう私は不運で不振がいつまで続くのだろう・・・

勝っても負けても麻雀卓を囲む雰囲気は嫌いじゃ

ないが必勝法があれば伝授乞う・・・笑い!

2011年1月23日 (日)

今年のジャズダンス界を考える

ジャズダンス芸術協会の新年会も1月16日に多くの会員参加

のなか終了、いよいよ今年一年の始まりです。

各スタジオオーナーの先生方は本年度の計画を立て準備に

入っていることでしょう。

協会は本年度の催しとして恒例のコンクール、フェスティバル

の他に、新国立劇場に於いて特別公演が開催されます。

ここ数年ジャズダンス公演のマンネリ化がささやかれる中、

如何にマンネリ打破を目指すかに努力してきたが簡単に

打破は望めないのが残念ながら現実です・・・

作品を作るオーナーの責任と言われても返す言葉もなく、

オーナーの新たな自覚が試される時期に来ていると思う。

このマンネリ状態が今年も続くならば、ジャズダンスの今後

の発展は望み薄必至です。いつも同じような作品作りでは

観客の目は年々上がっており、真剣に考えるべきでしょう。

今年の新国立劇場での公演が一つの試金石になることは

明白です。ジャズダンスファンを逃さず、どう確保していくか、

努力努力です。

オーナーの先生方、ダンサーの皆さん頑張りましょう!

2011年1月17日 (月)

新年会

ジャズ協、新年会が昨日16日に青山の某レストランで多数の

会員参加のもと行われた。

ダンスフェスティバル公演の楽屋で馴染みの面々も開演前の

ピリピリした顔とは想像もつかない大変のどかな笑顔で美味しい

料理に向かっていたのが、なんともほほえましく、舞台でもこの

笑顔でのびのびと踊れば観客も気軽に楽しく見られるのに・・・

ふとそんなことを思いながら、笑顔100%のマジこと真島茂樹と

楽しくマツケンサンバ談笑・・・

久々に多くの仲間たちと接し、大変楽しい時間を持てたことは

外の寒波を忘れさせてくれる温かい新年会であった。

2011年1月15日 (土)

異常気象?

私の故郷は北陸で冬になると豪雪があたりまえの地域だが

東京での生活が長いと異常気象が、北陸地方を襲うという

二ユース報道に、知人友人も多く、何か心配で気になる。

異常気象とは数十年間に一回程度の現象、また人が一生の

間に、まれにしか経験しない現象を指して言うのだが友人に

Telする・・・30センチ程の積雪だが、大した事ではないと話し

ている。豪雪ではないかと心配したが何か損した気分である。

若い頃、豪雪で玄関から外に出られず二階の窓から滑り台の

要領で外出、もちろん交通網すべてがマヒ状態・・・しかし

実に愉快で楽しかった記憶が私には思い出として残っている。

昨年の猛暑、地域的な豪雨、これこそが異常気象の報道で、

最近この種の報道にはやたらに誤差が多い様に思えるのは

如何なものか・・・

時期的にもセンター試験などにも影響が出なければいいが。

そんな疑問を感じる私です。

 

2011年1月11日 (火)

成人式・感じたまま・・・

1月10日

スーパーへ買い物に行くのは嫌いじゃない(牛乳、チーズ、豚肉の

細切れ、トマト缶)他 行きつけのスーパーなので、どの品がどこに

あるかはツーカーだ。(少し自慢です)

そこで見た晴れ着スタイルのヤングマンたちの行動について

一言話してみたくなった。

二十歳の女性たちが派手な着物で、買い物をしている姿は

どう見てもバランスが悪く非常に滑稽だった。

考えてみれば今日は成人の日、立派な着物を着てその上

から派手な白いショールを首に、大根、ニンジン、コロッケ、

納豆、キムチなど山ほど籠に買い占めている姿はどう見ても

晴れ着とのバランスが良いとは言えずその姿にしばし唖然と

見とれていた・・・(一人笑い)

街中で見る姿は奇麗だなぁと思うが、スーパーでの買い物に

晴れ着はダメダメ・・・場所をわきまえてほしいなぁ

個人の都合もあるのだろうが、私はせっかくの晴れ着が泣いて

いるかに見え大変残念に思えてならなかった・・・。 

2011年1月 9日 (日)

20ⅠⅠ・稽古はじめ

新年・快晴・稽古開始!

多少オーバーだが初日の出を見るような清々しい雰囲気の中

での稽古はじめ・・・

長い一年が今日から再び始まる・・・この気持は毎年同じだが、

今年は自分自身にどんなコンセプトをもって稽古内容の充実を

計っていこうか・・・真剣に考える時でもある。

今年はスタジオ独自の公演とは異なりベテランレッスン生が中心と

なり意欲的な公演も決定している。心配でもあり大変楽しみでもある。

個々の個性、味が観客に、より鮮明に浮き出る作品となるでしょう。

公演終了時に皆の満足した顔、顔、顔が夢の中に出てきたが・・・

私の中ではめったに見ない「初夢」だったのかな・・・?

2011年1月 7日 (金)

七草粥アラカルト

一月七日


長く生きているが七草粥を自慢ではなく一度も食していない・・・。

スズナ、セリ、スズシロ、ハコベ、ゴギョウ、ナズナ、ホトケノザ、辞書

で調べたが、普段八百屋では買えない雑草?ばかり・・・

確かに胃に負担かけない食べ物とは思うが、正月の餅腹を休ませ、

いたわる意味では昔からの日本の食の文化、知恵なのだろう。

学生時代は田舎暮らし、ハコベなどは鳥やウサギの餌にしていたの

変な感じだが、贅沢な食生活を普通と感じる今の世ではこの様

粗食をたまには味あうことも大切なことなのだろう・・・

このようなことを考えていると初めてだが七草粥を食べてみたくなった。

しかし疑問がある、七草粥にオカズは何がいいのだろう・・・?



2011年1月 3日 (月)

箱根駅伝の喜怒哀楽



2日3日にかけて箱根駅伝を見た。

さすが伝統ある駅伝だけあり観衆の多さに正直驚いた・・・

往路5名、復路5名が個々の持ち場を全うし責任感を持って

走る姿に美しさを感じたのは、私だけではないだろう・・・

総合優勝は早大、21秒差で二位が東洋大は順当らしいが

壮絶なのがシード校争い、10位までに入れば来年の参加が

自動的に決定とあって10位校はヤッターと大喜び。

2秒差の僅差で11位になった学校は悔やんでも悔やみきれ

ない思いだったろう・・・。わずか二呼吸だもんな・・

2秒の差で運の有る無しが決まるとは、まるで人生を見ている

ようで可哀そうな気持ちになった・・・

11位になった学校は来年の駅伝予選まで2秒の壁を各々が

持ち続ける事の苦しみは計り知れないだろう・・・。

 

2011年1月 1日 (土)

元旦



2011年(平成23年)1月1日

新年明けましておめでとうございます。

 

ここ2、3年は前年の暮れから風邪気味状態

が続き、今一つ体調がすぐれず元日はあまり

調子が良くなかったのだが、今年の元日は

まれにみる体調の良さに気分爽快・・・!

初詣には近くの深大寺に愛犬(チャッピー)を

一緒に連れて行き、手を合わせルンルン気分で

帰りにはホクホクの焼き芋を手に帰宅。

健康であることは何事にも変えられなく体調

管理の大切さを改めて感じた次第。

今日の爽快さを今年一年間持続し、良い

仕事に従事出来ればと感じた一日だった。

 

 

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »