浦辺日佐夫ジャズダンススタジオ

無料ブログはココログ

2017年2月20日 (月)

お知らせ ・・・”スターガラ”公演開催

ジャズダンスの饗宴・JDAダンスコンクール歴代受賞者による「スターガラ」公演が銀座博品館劇場に於いて4月5日(水) 19時より開催される。

全国ダンスコンクール歴代受賞作品の数々にミュージカル界で活躍するメンバーがステージに華を添えます。

浦辺ダンスカンパニーからの出品作品①は”STEP by STEP”・・・ベテラン三人娘の出演で、ダンスはもちろんですが、個性豊かな演技内容を楽しくご覧いただきます。

作品②は軽快でパンチある名曲を駒田順子を筆頭にスタジオメンバー総勢12名によるアンサンブルダンス・・・”SING!SING!SING!”です。一糸乱れず舞台狭しと迫力ある踊りをご覧頂きます。 乞うご期待ください!!

☆ 振付者の独り言・・・・・ステージが少々狭いことが残念だなぁ・・・。

2017年2月19日 (日)

心に残る美空ひばりさんとの思い出・・・

圧倒的な歌唱力と歌心で多くの人を魅了した美空ひばりさん。だが、ひばりさんの魅力はそれだけではない。歌いながら見せる仕草やパフォーマンスもひばりさんの魅力でした。只、歌を歌うのではなく歌を演じていました・・・またステージでのおしゃべりもファンを沸かせ、それはひばりさんの「エンターテイナーの神髄」であり「ひばりさんの芸」そのものであった、と、私は思っている・・・・もう何年も前になるがひばりさんのママさんから電話で、ひばりにダンスを教えてほしいとの話を・・・私がまだ学生のころからすでに国民的スターだったひばりさんが私にダンスのレッスンを? そして振付を?   正直驚きました・・・・以後、新宿コマ劇場、帝国劇場、名古屋御園座、日劇、大阪梅田劇場とダンスシーンの振付を・・・ひばりさんは素晴らしかった! 私が驚いたことは決してダンスはプロではないひばりさんがダンスで観客の心をつかむ様々の仕草はいったいどこから出るのか? 本当に驚いたものでした。

  そんなひばりさんの人間性を是非聞かせてほしいとのTV局から話を頂き、何年振りにひばりさんとのいろいろな思いを思いお越しながら数日前、TVで収録しました・・・・・・

時間がありましたら是非ご覧頂ければと思います。

放送日時など数日後にブログでお知らせいたします。

2017年2月 2日 (木)

嬉しいこと、一つ・・・

2017年1月もあっという間に過ぎ去り、もう2月だ、月日の経過は何と速いことか・・・あと11か月で今年も終わりだ・・・・・なにを馬鹿なことを・・もち冗談冗談・・・デス。周囲のうるさいメンバーからは先生、身体を鍛えるには、何といっても先ず ”歩く” ことですょ、と・・・・・言われなくてもわかってはいるが、外の寒さには勝てず・・・決断力のなさに我ながら、実に情けない、春になり桜の開花に合わせ実行しょうと思っているが! ・・・? 

自分の中で嬉しいことが一つある・・・体重が少し増えてきたことだ・・・ 術後、定期検診を数回受け、すべてに異常もなくドクターからは以前の体重から10キロ以上体重が落ち、スタイルも良くなり、動きも動き安くなったのでは・・・と、食事はどんどん食べれるのだから自然と体重の方も増えてきますょ、と・・・しかしぜい肉、油肉がつかないよう、注意してくださいね!だと・・・ 牛や豚だと思っているのですか? とドクターに尋ねたら、笑いながらそのとうりデス、だと・・・冗談じゃないょ・・・しかし今現在体重も2キロ増え、64キロになり身体の調子も実に良く、嬉しい限りだ!! 後はウオーキングの実行のみだ、早く来い来い桜の季節ょ・・・・・・Dream manのひとりごと

2017年1月24日 (火)

喜び・そして悲しみの1月

先ずは喜びの出来ごと・・・相撲界では若乃花が日本人横綱になったのが最後に19年もの間、日本の国技であるにも関わらず日本人の横綱がゼロという寂しい時代だった・・・その間、モンゴルの力士が最高位の3横綱となり日本人横綱はゼロ・・・実に寂しい、寂しい場所が続いた・・・が、ようやく待望の日本人横綱が誕生した!大関 ”稀勢の里”・・・数場所、ここ一番に勝利すれば優勝、横綱という栄冠が得られるのに、ラスト近くにはコロコロと負け、精神的に弱い大関との烙印を押され多くの日本人の期待を裏切り、寂しい場所が数場所続いたが、今年2017の初場所で見事、大横綱”白鳳”を破り優勝!そして横綱昇進に満場一致で推挙された・・・日本人「横綱」の誕生だ。おめでとう! 来場所からの相撲界は四横綱で優勝争いだ、ますます活気のある場所になり楽しみ、楽しみ・・・・・・。

喜びの後は残念な悲しい話・・・昭和の映画スター松方弘樹さんの訃報には驚きよりショックだった。大好きな演技派役者だった・・・高倉 健さんが無くなり、昭和生まれの映画スターがまた一人、だんだんと少なくなってきた、実に寂しい限りだ・・・ご冥福を。 Dream Manの独り言・・・・・

2017年1月 6日 (金)

2017・あけましておめでとう!

2017年・明けましておめでとうございます。

元旦には恒例の初詣を(深大寺)・・・今年は天候にも恵まれ大勢の人をかき分け、手を合わせて来た(賽銭は毎年決まって新品の千円紙幣一枚)・・・・今年はポカポカ陽気のせいか何故かピリッとしない雰囲気の初詣だったなぁ・・・。

帰りにはこれまた毎年恒例の?大好きな焼き芋を・・・(笑ってちょうだい) 毎年感じることだが、焼き芋を食しマイウーな気分を口いっぱいに感じつつ今年一年の運勢を占うのが常だ? 今年も大変美味しかったのできっと良いことが・・・オーバーな表現だが、これも正月のお屠蘇ボケの気分だ・・・

さて、明日7日から今年度最初のレッス開始だ・・・明るく華やかで元気いっぱいの皆の顔を見るのが楽しみだ・・・今年一年頑張りましょう !!

2016年12月24日 (土)

2016年・あっという間に・・・

12月24日、クリスマスイブ・・・あと数日で今年も終わりだ。しかし相変わらず暮れの道路工事には毎年イライラする。ガス工事、水道工事、電気工事、と工事をするのなら暮れの忙しい時期を外してできないものか?暮れになると毎年このイライラを感じるのだが今年も相変わらず何ら変化無し! 行政は何を考えているのだろう? まったくヤレヤレだ。

今年はスタジオ周囲には大きな変化もなく、2016年も終わろうとしているが、しいてあげれば5月の連休にスタジオ公演を開催、無事好評のうちに終えたことを先ず第一にあげたいと思う。「LOVE STORY・光と影」を俳優座劇場に於いて連日満席の中、無事終えたことは関係者一同大きな喜びだった・・・そして9月の恒例のジャズダンスフェスティバル公演では自主公演からまもなくだったがメンバーたちは疲れも見せず、熱演で作品”赤いてぶくろ”を・・・また、暑い中、リオ五輪では日本勢の大活躍が明るい光を・・・私の中でもっともうれしいことは我が相棒の体調が良いことだ、嬉しいかぎり・・・・・・。秋は私の大好きな季節、しかし、今年はまったく天候に恵まれず、期待外れだった、スカッとした秋晴れは何日あったのだろう・・・毎年楽しみにしている箱根仙石原の壮大な”ススキ”も見れずじまい、ガッカリだった・・・冬本番だけは54年ぶりの初雪が東京に降り驚いたが、おどろきと言えば”スマップ”5人の解散騒ぎは私の中では驚きのトップに入る出来事だった。いったいメンバー5人の胸中に何があったのか・・・? こんなグループはもう二度と出ないだろう。

2017年は素敵な年になるよう期待したいものだ・・・・・・

2016年11月25日 (金)

東京に初雪!

11月24日、東京に初雪・・・東京では54年ぶり、史上2番目の早さだそうだ・・・雪がいつ降ろうが雪国育ちの私は別段驚きなどないが、北陸富山の黒部から東京に出てきてかれこれ60年近く、東京では年内での雪を見るのは皆無といってもいい程、雪にはお目にかからないのが常識だった、東京での雪を見るのは毎年、年が明けてからが普通で、年に一、二回雪を見ても只珍しくきれいだぁ・・・そんな程度で降る雪を眺めていたが、翌日には雪かきで肩、腰がガタガタに・・・東京での雪の思い出はその程度だが、若いころの思い出は一晩で50センチの降雪はあたりまえで、二、三日すれば2メートルの積雪、周囲の景色は銀世界! さっそくスキーをはき友人たちと近くの丘に出て思う存分楽しむ、楽しい思い出は尽きないのだ・・・・・・

季節外れの東京での初雪を見ながら、昔を思い起こし、美しい銀世界を創造しつつ部屋の窓から眺めている自分が・・・明日は何センチ積るのだろう・・・?

2016年11月14日 (月)

もうすぐ冬本番・・・

早い秋も終わりもうすぐ冬本番だ・・・晩秋の夕日に照らされ、黄金色になびき、輝くそれは飛びっきりの美しさだ・・・・・箱根仙石原にあるススキ草原はいちめん黄金色の絨毯のようで私の大好きな最高の風景(場所)だ・・・御殿場ICから、国道138号線をぬけ曲がりくねった坂道を進むと乙女峠だ、乙女峠から見える富士山と仙石原の壮大なススキ草原は絶対に見逃せないポイントだ・・・派手な色彩ではなく逆光に輝くススキは私には大自然の壮大さを直に感じさせてくれ、時間のたつのも忘れさせてくれるのだ。毎回一枝だけ持ち帰り、部屋に飾る習慣は今年も失いたくないものだ・・・今年も早く行きたいと願っているのだが、なかなか時間が取れなく、まだ予定が立たないのだ・・・黄金色の絨毯の美しさを寒くなる前に早く目に焼き付けたいものだ。

一週間後・・・

仙石原の美しいススキを相棒と一緒に見に行くことを楽しみにしていたが、残念ながら今年は行けなくなった・・・相棒の体調が良い日は雨模様で駄目、天候の良い日は相棒の体調が今一つかんばしくないといったように、なかなかうまくいかず、今日こそは、と楽しみにしていたが朝から冷たい風が強く、仙石原は午後から雨予想・・・予報では2、3日後には東京に初雪の予想も・・・本当に残念だが今年は大好きなススキは見れそうになくなった・・・残念、残念!

2016年10月 5日 (水)

天高く馬肥ゆる秋はどこへ・・・

すがすがしい秋晴れはいつになったら?今年の天候はおかしすぎるよ・・・ニュースを見ても、地震、台風、大雨、洪水、土砂崩れ、と暗いことばかり・・・いったいどうなっているのか・・・道行く人々の顔は実に暗いね・・・早くスカッとした秋晴れを期待したいものだが・・・昔を思い出すょ、近くの山に行って栗ゃ蕨、ぜんまい、アケビ、山菜など、籠いっぱい収穫した思い出など、また清らかな川でヤマメ、ニジマス、イワナなどの釣りは全て私の中ではすがすがしい「秋」の思い出だ・・・暗い暗い日々が続き、天気予報は台風予報ばかりでまったく気分がめいる、すがすがしい秋空はもう見れないのか・・・? 残念だ。今年は大きな公演も無事終了し、気分転換何も考えずにポャーッと郷里の黒部に帰り、トロッコ電車で色鮮やかな紅葉を見ながら、黒部渓流をのんびりと旅などとも考えてはみたが、この天候の中では・・・早くその気になれる晴れやかな秋晴れが恋しいょ・・・早く来い来い、天高く馬肥ゆる秋!

10月も今日で終わり・・・

秋晴れは何日あったのか?  街なかではハロウィーンの騒ぎのなか、早くもジングルベルの曲が・・・季節感のない忙しい世の中だ。地震や異常気象のニュースが報道されなくなったら一気に寒気の到来・・・せわしない秋の終わりだが、風邪だけはひきたくないものだ・・・ヤレヤレ。

2016年9月 7日 (水)

第37回ジャズダンスフェスティバル終わる

あらゆるジャンルの演目が集まり開催されたジャズダンスフェスティバルが、芸術の秋に相応しくメルパルクホールに於いて出演団体16チームの共演で華やかに開催、無事終了した。あらゆるジャンルの作品が日々夏の暑い稽古を乗り越えこのメルパルクホールで発表された・・・観客の反応は様々で好みのダンス、好みではないダンスを見る目は個々まちまちで、それらの反応を感じながら見ているのも、ある面大変きょみ深かく面白かった・・・これは私個人の感想だが・・・・。

当スタジオの出品作品は”赤いてぶくろ”・・・9分の作品で清く、楽しく、溌剌と・・・・宝塚のモットーである、清く正しく・・・ではないが、今回のダンスはダンスの持つ明るさ、踊って楽しさ満載の作品を目標に振付した作品を出品・・・衣装は表、裏側に赤い手形が・・・メンバーたちの溌剌としたダンスは大変に評判が良く、好評だった!

お疲れ様でした。

«子供ミュージカルを観劇