浦辺日佐夫ジャズダンススタジオ

無料ブログはココログ

2018年5月27日 (日)

ジャズダンス芸術協会主催35周年記念・特別公演決定!

平成17年より、2年に一度を目標に開催してきた「特別公演」ですが、今公演は、この度当協会初の公演を開催して35年の節目を迎えるにあたり「35周年記念特別公演」として開催が決定いたしました。 様々なジャズダンスの表現方法で、ジャズダンスを代表する振付家と舞踊家たちが、その芸術性と可能性を表現しジャズダンスの幅広い表現方法を用いてジャズダンスの世界を切り開きます。

構成の方も三部構成とほぼ決定し、一部では「和」をテーマとした日本文化の精神性をジャズダンスで表現し、日本人の「心」をダンスを通じて熱く踊ります。 二部、三部ではストリートダンスやタップダンス等の他、ショーアップを加味した華やかさを生かした楽しさいっぱいのジャンルとのコラボレーション作品に挑戦します。

浦辺ダンスカンパニーがご覧いただく演目は日本人の誰もがご存知のロマンあるファンタスティックな作品を目下考慮中ですが、まだ私の頭の中では内容決定までは至っておりません。作品をご覧になりほのぼのとした暖かな「心」を感じられるような作品を目指したいと思っています。

2018年5月 4日 (金)

第29回全国JDダンスコンクール

2018年5月3日、メルパルクホールに於いて日本ジャズダンス芸術協会主催全国ダンスコンクールが開催され私も決戦審査員として審査をする。ジュニア部門29団体、中高校生部門35団体、一般部門34団体と熱気あるメンバー達が繰り広げる会場は大いに盛り上がり大盛況の内に、終了した。・・・・・過去には、グランプリ賞・また最優秀作品賞を受賞した浦辺ジャズダンススタジオのメンバー達が第5回、第6回と、連続それらの賞を受賞、それら受賞したメンバー達は、現在もあらゆる舞台で活躍している。コンクールに参加することは全国数多くのダンススタジオの先生がレッスン生に振付をし、生徒たちは苦しい稽古を重ね審査する先生方の心を如何にして掴むか、良い作品として仕上げるか、に掛かっているのデス。熱心に稽古を重ね、いざ本番の舞台に立つ、しかし少しのミスでもそれが「減点」に・・・・それほどコンクールの舞台は大変な場所と言っても過言ではなのです。稽古場では失敗もなく稽古が出来ていたのに、いざ本番の舞台で想像もしない失敗が、泣くに泣けない瞬間です・・・・そんなくやしさにも負けずに来年も再挑戦しょう、と気持ちを切り替え頑張るメンバー達は、間違いなく将来は魅力ある優秀なダンサーに成長すると私は信じます。今年は駄目だったが、また来年再挑戦しょう・・・!この気持ちを持ち続け是非頑張ってほしいと思う気持ちは決して私一人ではないはずです・・・・・若人たち、頑張れ!

2018年4月 6日 (金)

ショック! 花粉症・・・

杉の木の花粉の中を飛び回っていた幼少期、そして学生時代、私には絶対というほど縁がないと思っていた花粉症だったが・・・2週間ほど前から、咳、くしゃみ、鼻水、が・・・クリネックスがあっという間になくなる。医者に相談、花粉症とは思えないので、風邪薬を出しますから様子を見てください、とドクターから・・・一週間薬を飲み様子を・・・しかし相変わらずくしゃみ、鼻水、咳が止まらず・・・再度ドクターの元へ・・・ごく軽い、軽い花粉症ですね。 ドクターの答え・・・花粉症に軽い、重たいがあるのか・・・? 周囲に感染することはないので先ずは安心だが、私には免疫があるので絶対に花粉症だけはかからない、と自信があったぶん、大きなショック・・・「絶対」は絶対にないのだ・・と、改めて思い知ったょ!  ガックリ・・・・・。

2018年3月28日 (水)

春は気まぐれ・・・

春は気まぐれだ・一週間前の気温は1度でこの時期には珍しく積雪が10センチ・・・翌日には一気に17度に上昇、同時に「桜」満開情報が、気温1度の寒い雪日から一週間も経過しないうちに、今日29日東京では今年最高の25度の「夏日」!・・・本当に春は気まぐれだ・・・体の不調感は私の周囲の友人たちにも多く、挨拶代わりに体の調子は・・・・?こんな挨拶をすること自体初めてのこと、暖かくなる春は嬉しいが、このような挨拶 はこれまでにはなかったょ・・・まったく変な気象状態だ・・・私も風邪気味で調子がいまひとつ・・・一日も早く治したいものだ。

2018年3月25日 (日)

桜・・・ソメイヨシノ ♡ 満開!

3・24日、今年は1月より不順な天候が続き、雨、風にインフルエンザの流行など、春も目の前、桜の開花ももうすぐだ、と思っていたのに3月中旬には東京に季節外れの雪が舞い、気温は1度、それに輪をかけ杉花粉が風に舞いコンディション悪し・・・・どうなっているのだ・・・・ しかし、一日過ぎたら気温は前日の1度から一気に17度! またまたどうなっているのだ? そんな中、気象庁が「桜」満開を発表!  何だ、この変化の激しさは・・・・平年より10日も早い満開情報だ、上野公園や千鳥ヶ淵の周辺には大勢の花見客で人、人、人でいっぱいだ・・・満開のソメイヨシノの美しさに心が洗われると共に、待望の「春」到来だ・・・・・。

2018年3月21日 (水)

”春分の日”の珍事・・・雪景色だ!

11時現在、気温は1度・・・寒い! 窓の外は雪が深々と降り続いている、積るとは思はないが、今現在雪降る寒さは半端じゃなく、体調も何やらおかしい・・・どうなることやら・・・・雪降る窓を見ながら2年前の春分の日には春の陽気につられ車で箱根をドライブ・・・箱根仙石原から芦ノ湖や周辺を回り、気持ちよくドライブした記憶が・・・・今年の”春分の日”は箱根は20センチの雪が降りつもり、2年前を思い返せば信じられない風景の変わりようだ・・・春の珍事と言ってしまえばそれまでだが、この時期に見る雪の箱根も静かな中に美しく風情があってなかなかのものだと感動している。   我が家の窓から見る雪と、開花前の桜の木々を見比べながら、煙草の煙をフゥッと・・ひとり静かに・・・・・・。

2018年3月 9日 (金)

;;三寒四温・・・・

3月、桜の開花もあちこちで聞かれる頃なのに季節の逆戻りだ・・・真冬並みの寒さに戸惑い寒暖差で思わぬ体調不良になりそうだ。今年はこのような日が多いように思う・・雨、風の状態は台風並み、稽古場の傘タテには骨が折れたビニール傘が哀れな姿でボロボロ状態で見るも無残だ・・・・このような時期には高齢者の方は冷たい空気を一気に吸い走り回ると心筋梗塞を起こす可能性が、皆さんくれぐれも注意しましょう、と回覧板が回ってきた・・・・冷たい空気は2秒吸って、4秒ほどかけてゆっくりとハクのが理想だそうだ、・・・本当かな?  食べ物では特に寒暖差の激しい時は”ホットココア”が体には良いと、これも回覧板に・・・・このようなことをいちいち気にしては何とも窮屈だ・・・いやだねぇ、  自分自身が気を付けることで解決すればいいのでは?・・・・・こんな回覧板が回ることも三寒四温の不順な季節外れの気候のせいか? 早く暖かくなり、美しい桜並木を明るく闊歩したいものだ。

2018年2月25日 (日)

冬季O・P・・・メダル13個の成果!

3月9日韓国平昌に於いて開催された冬季オリンピックも25日、閉会式を迎えた。日本選手団の活躍は多くの人の目を引き、メダルの方も日本選手の大活躍で、「金」5、「銀」5、「銅」3と計13のメダルは史上最多で実に素晴らしかった。 残念だったことは特にジャンプ会場での天候の悪さと強風のため夜11時過ぎまで競技が伸び伸びになり、通常では考えられない時間帯での競技は見ていても選手たちには気の毒で可愛そうだった・・・それに比べ室内で行われたスケート競技、スピード競技やカーリング競技などは日本選手の活躍が光り、興奮しながら時間のたつのも忘れて拍手、拍手、又拍手。・・・・・始まる前までは、北朝鮮の政治がらみばかりが目につき素直に鑑賞する気になれなかったが、政治の力もスポーツの純粋な力には勝負にはならず、総合的にはとてもよかったオリンピックだったのでは・・・・・     Dream man のひとりごと

冬季O・P・・・メダル13個の成果!

2018年2月 3日 (土)

インフルA型B型同時流行

2月に入り今日は節分”鬼は外、福は内”とあちこちで掛け声が・・・年間行事の一つとしてあちこちの神社では盛大に豆まきが・・・そんな華やかな行事とは裏腹に頭の痛いこともある・・・と、言うのも”インフルエンザ”の流行だ、稽古場では大勢のレッスン生が汗をかき身体を動かしているが、この時期にはマスクをしながらのレッスンが目立つ・・・インフルの予防のためだとは予想できるが、動きはどう見ても通常の元気さに欠け心配だ・・・検出されたウイルスは例年2月以降に流行するB型が最も多く、通常この時期に流行するA型とあわせて2種類が同時に流行する異例の事態は本当に心配だ。稽古に通うレッスン生の中には数人インフルにかかり稽古場には来ることができないが、一日も早く元に戻って元気な姿を見せてほしいものです。節分ということで頂いた”恵方巻”を口にしたが、インフルのことを考えながら食しても何故だか美味しいとは思えず残念だった。

«雪でビックリ!次は最強寒波でビックリ!